記事

私が菅首相であれば8月末に電撃的な解散・総選挙を行なう(続)

 菅首相は電撃的な解散・総選挙をするかもしれないと書いた昨日のブログについて、「なるほど、菅首相ならやりかねない」、と賛同する声が多い一方で、「そんな事をすれば皆から袋叩きに合う」、「震災復興がままならない時にそんなこと出来るはずはない」、「そんな事をすれば自分を含め民主党議員は全滅する」、などという声もいくつか寄せられた。

 私は自らの説が正しいと固執するつもりはない。特定の目的や利害から書いているものでもない。そう思うからそれを書くのだ。

 そして菅首相が解散権を行使する、という私の思いはその後さらに強まりつつある。

 その大きな理由は、菅執行部の間ですら菅首相の早期退陣が公然と語られ始めるようになった事だ。

 女房役の枝野官房長官が菅政権の一年は実績がなかったという。
裏で菅政権を支えているはずの仙谷官房副長官が菅首相の一日も早い退陣を口にする。菅政権執行部のなかから後継者候補が公然と出てくる。

 これは異常だ。これはもはや民主党が崩壊したということだ。

 そうであれば菅首相はもはや民主党に義理を立てる必要性は何もない。

 解散・総選挙を皆が恐れている。

 民主党議員はもとより自民党議員でさえも勝てる保証はない。

 弱小政党に至ってはもっと解散が怖い。

 しかも今度の選挙は党派を超えて世代間交代の選挙となる。

 そのように皆が総選挙をおそれている以上、解散権を握る菅首相が開き直れば圧倒的に強い立場となる。

 いまや菅首相は、総理を退くかどうかという事よりも、その引き際が惨めになることだけは避けたいという思いのほうが強いのではないか。

 すべてを敵に回しても、解散権という首相の究極のカードを自らの手で切る。それさえ出来ればほかのすべてを失っても本望である。

 菅首相は追い込まれれば追い込まれるほどそう考えるに違いない。

 その時は脱原発を掲げ、民主党のリベラル派や社民党を吸収して「緑の党」の如き新党を立ち上げ、保守連立に対抗するのではないか。

 伸子夫人が毎日新聞のインタビューで答えていたゲリラ戦とはそういう事ではないのか。

 もはや政局は何でもありと考えるべきである。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「スゴイ日本!」ばかりのテレビ五輪放送。在留外国人は東京五輪を楽しめるか

    Dr-Seton

    08月05日 08:29

  2. 2

    なぜ選手が首長を訪問? 名古屋・河村市長のメダルかじりで「表敬訪問」に疑問の声

    BLOGOS しらべる部

    08月05日 18:37

  3. 3

    淀川長治さんが『キネマの神様』を絶賛?CMに「冒涜」と映画ファン激怒

    女性自身

    08月05日 09:07

  4. 4

    環境省がエアコンのサブスクを検討 背景に熱中症死亡者の8割超える高齢者

    BLOGOS しらべる部

    08月04日 18:05

  5. 5

    ベラルーシ選手はなぜ政治亡命したのか ルカシェンコ政権の迫害ぶりを示した東京大会

    WEDGE Infinity

    08月05日 09:18

  6. 6

    入院制限の前にやることがあるでしょう

    鈴木しんじ

    08月05日 14:09

  7. 7

    ワクチン完全接種5割の8月末まで好転無しか

    団藤保晴

    08月05日 09:02

  8. 8

    "ラ王世代"にはない価値観「これ絶対うまいやつ!」というラーメンが若者に大人気なワケ

    PRESIDENT Online

    08月05日 14:29

  9. 9

    東京都、新規感染者数5042人に疑問

    諌山裕

    08月05日 17:42

  10. 10

    東京都で新たに5042人の感染確認 初の5000人超え 2日続けて過去最多を更新

    ABEMA TIMES

    08月05日 17:09

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。