記事

原発ミサイルか東京ミサイルか

今月6日、原子力規制委員会の田中俊一委員長が北朝鮮のミサイルに関して、「(原発を狙うよりも)東京のど真ん中に落とした方がよっぽどいい」と発言し、それを撤回したとか。

発言の撤回の意味がよく理解できない。冗談とはいえ、そう発言した事実、そういう思考回路になっている事実は変えられない。

政府の思考回路もこの東京ミサイル発言に近いのだろう。だから役にも立たないミサイル警報を出す。その一方で、前にも書いたように原発に対する対策が疎かである。

東京ミサイル発言は、出席した町民から「北朝鮮からのミサイル対策はとっているのか」との質問を受けたものである。この質問に対し、「ミサイル攻撃を想定した対策は立てていない。ミサイル攻撃があるということは戦争状態で、原子力規制の範囲を超えている」とした上で「仮にそういうことが起こったとしても、(新規制基準では)大型航空機落下対策があり、相当の対応はできる」と述べ、その後に東京ミサイル発言に及んだ。以上は福井新聞の記事による。
http://www.fukuishimbun.co.jp/articles/-/213397

裏を返すと、戦争状態になれば原発がどうなるのかは誰にもわからない。政府は原発ミサイルのことを考えていないし、何も指示を出していないと推察できる。

原発推進が政府の方針である。だから、原発へのミサイルは想定しない。その一方で北朝鮮が危険な状態にあることは厳然たる事実である。戦争になる可能性も否定できない。政府も「考えているふり」をして空襲警報よろしくミサイル警報を出す。

政府が都合の悪い事実を隠している、隠すために無策という策を使っているしか思えない。3.11前の東電と同じかもしれない。

先日、議員選挙の1票の格差を話題に某氏と話をしていると、「腰抜け最高裁が元凶やな」との発言が出た。原子力規制委員会もやはり腰抜けである。大型航空機が落下する可能性よりも、ミサイルが飛んでくる可能性の方がはるかに高いのではないか。委員会の範囲を超えているのなら、戦争状態のことも考えるべきだと政府に提言するのが筋だし、それが役割の全うだろう。

あわせて読みたい

「ミサイル」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    安くて高性能!防寒対策ならWORKMAN(ワークマン)がおすすめ

    かさこ

    10月28日 09:33

  2. 2

    間に合ってよかった甘利さんのポスター貼り替え

    早川忠孝

    10月28日 15:29

  3. 3

    【衆院選2021】政治に詳しくなくても楽しめる激戦予想の注目選挙区

    BLOGOS編集部

    10月28日 11:29

  4. 4

    このままでは政局レベルの惨敗に…自民党内に広がる「岸田首相では戦えない」の恨み節

    PRESIDENT Online

    10月28日 13:11

  5. 5

    「過剰な節約」で時間という貴重な資産を失ってはいけない

    内藤忍

    10月28日 12:21

  6. 6

    過去最悪の感染状況も「重症化をそこまで恐れていない」ロシアの現状

    ABEMA TIMES

    10月28日 14:44

  7. 7

    眞子さん滞在先マンション前からの生中継も…「報じなくていい」という声にメディアは

    ABEMA TIMES

    10月28日 09:40

  8. 8

    スペインの大学で開発中の人工網膜装置 全盲の女性が「見た」ものは

    島田範正

    10月28日 14:50

  9. 9

    身動きが取れないバイデン政権 支持率急落の危機

    WEDGE Infinity

    10月28日 13:13

  10. 10

    投票したい人がいないと思ったら-いい議員の探し方-

    千正康裕

    10月28日 12:04

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。