記事

7月7日(金) ムネオ日記

 防衛省の稲田大臣ら政務三役が約40分防衛省を不在にしたのは災害対応中であり問題でないかという声があるが、そういう声が問題でないか。

 「居場所がわからない」「連絡が付かない」というのなら問題だが、近くに居り、瞬時に連絡も取れ、いつでも戻れる状況にあるにもかかわらず、ことさら40分留守にしていたことを指摘するのはいかがなものか。

 菅官房長官も記者会見で「対応に問題があったとは考えていない」と述べている。やはり問題にする方に無理があるのではないか。

 都議選での稲田大臣の発言以来、稲田大臣に厳しい声があるが、稲田大臣は国会議員でもある。政務の仕事をこなすのも大きな役割である。

 なんでもかんでも揚げ足取りに走るようなやり方は、公平・公正でないと思うのだが。

 何かしら姑息なことで批判や身勝手な一方的な言い方、言い振りはあってはならないと思うのは私だけだろうか。嫌な空気を断ち切りたいものである。

 合わせて稲田大臣も裂帛の気合で防衛省のトップとしての仕事を自信と責任を持って成し遂げてほしいと願ってやまない。

あわせて読みたい

「稲田朋美」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    医師が語る現状「医療崩壊ない」

    名月論

  2. 2

    秋篠宮夫妻 公用車傷だらけの訳

    NEWSポストセブン

  3. 3

    昭和の悪習 忘年会が絶滅する日

    かさこ

  4. 4

    貯金がない…京都市を襲った悲劇

    PRESIDENT Online

  5. 5

    宗男氏 桜疑惑めぐる報道に苦言

    鈴木宗男

  6. 6

    医師 GoTo自粛要請は過剰な対応

    中村ゆきつぐ

  7. 7

    感染増の原因はGoToだけではない

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  8. 8

    在宅勤務でも都心に住むべき理由

    PRESIDENT Online

  9. 9

    早慶はいずれ「慶應一人勝ち」に

    内藤忍

  10. 10

    脆弱な医療体制に危機感ない政府

    青山まさゆき

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。