記事

「ジャンプお色気♡騒動」に思う

1/2

 これな。

ジャンプお色気♡騒動。【法律家版】 - Togetterまとめ リンク先を見る

ゆらぎ荘の幽奈さん 1 (ジャンプコミックス)

 ぼくもエロマンガを読み、そして「楽しんで」いるし、(エロマンガとはとても分類できないが)今回槍玉にあげられた『ゆらぎ荘の幽奈さん』は、小4の娘も愛読している。

「そのまま真似る」ということはない

 まず、「子どもが性暴力マンガを読んで、性暴力をそのまま真似る」かどうかという問題(「そのまま」がミソ)。ここにはそう難しい問題はない。

 感覚的には、小学校に入ってからは、だいたい虚構と現実の区別はつくだろう、ある程度わかってないやつがいたとしても、小3〜小4くらいには大丈夫だろ、という感じ。

 わかっていなくて、『ゆらぎ荘の幽奈さん』読んで、おっぱい揉むのはキモチよさそうなので、やってしまいそうな男の子とかいるかもしれん。

 そういうコは、「有害マンガ」をとりあげるんじゃなくて、性暴力はいけないということを実際に教えたほうがよい。まあ、そのさいは性にあまり否定的な印象を残さないように、性がすばらしいものだっていうこととセットにして教えたほうがいいと思うが。


わたしのはなし (おかあさんとみる性の本)

 絵本とか啓発系マンガも役に立つ。

 ぼくが娘に小学校に入る前にあげた2冊。

 『ぼくのはなし』『わたしのはなし』。

ぼくのはなし (おかあさんとみる性の本)

 セックスや性暴力の話も書いている。

 多くの場合、規範を教えることで、子どもがそのまま真似てしまう、という問題は解決するのではなかろうか。マンガ表現をどうこうする、という話ではない。まあ、データがあるわけではないので、何か根拠となる反論があれば教えて欲しい。

 さて、ここまでは「マンガで表現された性暴力をそのまま真似てしまう」「性暴力と性表現の区別がつかない」「『幽奈さん』で性暴力を学んでしまう」という心配をどう考えるか、という問題。

 ぼくは、そこはあまり心配していない。

あわせて読みたい

「少年ジャンプ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    周庭氏の力 新たな目線が中国に

    倉本圭造

  2. 2

    コロナ利得者と化したマスコミ

    自由人

  3. 3

    昼カラ実態「過激なキャバクラ」

    NEWSポストセブン

  4. 4

    今では耳を疑う島耕作の転勤描写

    BLOGOS編集部

  5. 5

    国民議員 無責任な玉木氏に仰天

    篠原孝

  6. 6

    周庭氏過去に「日本留学したい」

    田中龍作

  7. 7

    優れた人が性癖で失敗する難しさ

    文春オンライン

  8. 8

    周庭氏が生配信 逮捕の恐怖語る

    BLOGOS しらべる部

  9. 9

    コロナで「地方の息苦しさ」露呈

    内藤忍

  10. 10

    宗男氏「玉木代表は保守政治家」

    鈴木宗男

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。