記事

豊洲移転補償金の情報公開 「小池ファースト」の都庁が忖度

2/2
「築地の約500の水産仲卸業者の大半は豊洲移転に反対で、移転の前提となる安全対策を議論した5月の専門家会議では“こんなやり方はおかしい”と鬼のような形相で声を荒げていた。ところが補償金の話になると、急に反対派も表情が穏やかになる。反対して移転が遅れるほど補償金が増えるというおかしな構造になって、当人もバツが悪いのでしょうね、決定通知を店舗に持って来られるのを嫌がり、自分で取りに行くと言う人もいるそうです」

 都が補償を受けた業者名を明らかにすると、移転反対派を不用意に刺激しかねないというリスク管理から“黒塗り”にしたという見方だ。

 だが今回の情報公開がおかしいのは、文書の一部が黒塗りだっただけで済まない、明らかに、権力のご都合主義を示すものだった。

 記者が情報公開請求をしたのは5月2日。都の情報公開条例では原則、14日以内に開示するか、しないかの決定を行うルールになっている。だが期限の5月16日に記者の元に届いたのは「開示決定延期」という通知で、条例上許される最大の60日まで延長するという。さらに担当課長が決済したのはじつにその最終日にあたる6月30日金曜日であったばかりか、記者に連絡があったのは都議選(7月2日)を挟んだ週明けの7月3日のことだった。

 都中央卸売市場管理課の担当者に経緯を尋ねると、珍回答が返ってきた。

──都議選前に報道されないように、わざわざ期限を延長したのか。

「開示するかどうかの検討をするのに2か月かかっただけで、都議選のことは考慮していない。情報公開を所管する都生活文化局の担当者にアポイントをとって協議するのにも時間を要した。決定が金曜日の午後8時と通常の業務の時間外だったため、連絡は週明けとさせていただいた」

──2枚の文書の一部黒塗りを決めるのに、2か月もかからないはずだ。

「対象文書を特定し、個別企業への交付額を開示することの影響を検討するのに時間がかかった」

──知事や特別秘書から指示されたのか。

「小池知事や特別秘書にはブリーフィングしていない。局長に判断を仰いだ。ご批判は受け止める」

 30代の若い職員は苦渋の表情を浮かべていたが、なんのことはない。小池知事への“忖度”に基づく牛歩戦術だったのだ。

 市場移転問題で告示直前の6月20日、〈豊洲移転+築地再開発〉という基本方針を明らかにした小池知事は、移転推進派の業者からは「2つの市場はありえない」と釘を刺され、反対派からも「受け入れたわけではない」と反発を受けた。

 選挙期間中に補償額が話題となれば、さらなる炎上の可能性もあっただろう。そんなリスクを全て選挙後にうっちゃったこのやり口、なんとも小池知事に都合のよい情報公開といわざるをえない。小池氏は“忖度政治”と自民党を批判している場合ではないのだ。

あわせて読みたい

「築地市場移転問題」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    「Mr.慶應」性犯罪で6度目の逮捕

    渡邉裕二

  2. 2

    再び不倫 宮崎謙介元議員を直撃

    文春オンライン

  3. 3

    テレビ劣化させる正義クレーマー

    放送作家の徹夜は2日まで

  4. 4

    公務員賞与0.05か月減に国民怒れ

    わたなべ美樹

  5. 5

    4連敗の巨人 原監督に欠けた潔さ

    NEWSポストセブン

  6. 6

    案里氏 法廷で昼ドラばりの証言

    文春オンライン

  7. 7

    急速に進みだした日本企業のM&A

    ヒロ

  8. 8

    ユニクロ+J高額転売でも売れる訳

    南充浩

  9. 9

    日本沈没ドラマ化に思わぬ批判

    女性自身

  10. 10

    相次ぐ遅刻 憲法を軽んじる自民

    大串博志

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。