記事

金融機関のロンドン撤退、高速光回線が遅らせる可能性=ECB

[フランクフルト 5日 ロイター] - 欧州中央銀行(ECB)が行った調査によると、ロンドンで超高速インターネットを利用できることが、欧州連合(EU)離脱後も金融機関に移転をとどまらせる理由になる可能性があるという。

EU離脱決定を受けて、ロンドンの金融センターとしての地位は揺らぐとみられているが、ECBの調査では、金融機関のロンドン撤退は段階的になる見通し。超高速取引に不可欠な英国の光ファイバー回線を金融機関が捨てたくないと考えているためだという。

ECBは「光回線を利用した金融ハブとしての英国の優位性は、制度上の遅延と共に、EU離脱後の取引移転が段階的になりそうだということを示している」と分析した。

トピックス

ランキング

  1. 1

    菅首相に見る本読まない人の特徴

    山内康一

  2. 2

    パワハラ原因?オスカー崩壊危機

    渡邉裕二

  3. 3

    公選法に抵触 毎日新聞の終わり

    青山まさゆき

  4. 4

    橋下氏 毎日新聞のご飯論法指摘

    橋下徹

  5. 5

    進次郎氏の発言に専門家「軽率」

    女性自身

  6. 6

    誤報も主張曲げぬ毎日新聞に呆れ

    木走正水(きばしりまさみず)

  7. 7

    都構想反対派が自壊 主張に疑問

    青山まさゆき

  8. 8

    学術会議の反軍事声明は偽善的

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  9. 9

    任命拒否 提訴できず手詰まりか

    文春オンライン

  10. 10

    TBS番組が伊藤健太郎逮捕で誤報

    女性自身

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。