記事
  • 新恭
  • 2017年07月05日 15:39

佐川理財局長栄転の露骨人事

よくもまあ、露骨な人事ができるものだ。

森友学園への国有地売却問題をめぐり、安倍首相のために事実の隠ぺいをはかる答弁を繰り返した財務省の佐川宣寿理財局長が7月5日付で 国税庁長官に栄転した。

殿を守るため、あらゆる質問に無意味な答弁を返した手柄へのご褒美というわけか。

幹部官僚人事を握る官邸と麻生財務大臣が結託して、「出世したければ言うことを聞け」と霞が関に示したのだろう。

財務省はよくやったが、文科省は何だ、という「気分本位」の安倍官邸にはあきれるほかない。

あわせて読みたい

「麻生太郎」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。