記事

都議選で公明党が自民党に背いた「組織の歴史的血脈」

山口那津男・公明党代表も登壇

【山口那津男・公明党代表も登壇】

 めまぐるしく風向きが変わった都議選だった。国会の混乱でイメージ低下を招いた自民党。公示間際に築地・豊洲共存プランを発表した小池百合子知事と、彼女が率いる都民ファースト。こうした「変数」に流されず、安定した選挙戦を展開したのが公明党である。評論家・古谷経衡氏がその“力の源泉”を歩いた。

 * * *
 公明党にとって東京都議会は特別の意味を持つ。1963年の東京都議会議員選挙(東龍太郎都政)にて一挙に17名の議員を獲得して地方議会に躍り出た同党(当時、国政では“公明政治連盟”を名乗った)は、続く1965年の都議選で「汚職追放」を掲げて23議席に躍進する。

 時を同じくして国政では公明党が結党(1964年)。爾来、国政の「動乱」をよそに都議会で、常に20議席台を確保し続けてきた。

 しかし今般、国政で自公連立を維持しながら、都議会で都民ファーストと結託するという「寝返り」をうった。これは1999年に小渕恵三が連立内閣を結成して以来、2009年~2012年の自民党下野時代においても一貫して国政・都議会で自公協力を貫いてきた公明党にとって初のケースとなる。

 なぜ、それほどまでに公明党は都議選にこだわるのか。ひとつは1995年の宗教法人法改正まで、宗教法人の許認可権は知事に任されていたことにある。公明党最大の支持母体である創価学会にとって、宗教団体の許認可権、すなわち教団の生殺与奪を握る都議会での政権党の確保は至上命題である。

都民ファーストと共闘した公明党

【都民ファーストと共闘した公明党】

 オウム事件を契機に現在、宗教法人の所轄は小規模法人を除き文科省に移ったが、初代会長・牧口常三郎が治安維持法違反の嫌疑で獄死し、二代目会長・戸田城聖も同法違反容疑で戦中、入獄の憂き目に遭った学会は、組織の体質として国家権力からの宗教弾圧への危機感という意識を抱え、であるが故に常に権力の側に入り込み安泰を求めようとする、とみてよい。

 だからこそ都議選への拘泥は、その後背に学会を控える公明党にとっては現在でも「全立候補者当選」を至上命題とする牙城なのだ。自民党に背き都民ファーストと結託する事情はこのような組織の歴史的血脈に求める事が出来る。

●ふるやつねひら 1982年北海道生まれ。立命館大学文学部卒業。主な著書に『左翼も右翼もウソばかり』『草食系のための対米自立論』。最新刊は『「意識高い系」の研究』。

○参考文献:薬師寺克行著『公明党』(中公新書)/参考資料:朝日新聞、OVA『人間革命』(シナノ企画)

※SAPIO2017年8月号

あわせて読みたい

「公明党」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「インチキはいつか必ずバレる」熱海土石流は人災か

    毒蝮三太夫

    07月29日 08:08

  2. 2

    列車内での飲酒について、JR北海道から回答「お客様に強制することは大変難しい」

    猪野 亨

    07月29日 10:28

  3. 3

    集団免疫得られるワクチン接種率、70%程度では難しい=尾身会長

    ロイター

    07月29日 12:55

  4. 4

    五輪報道に「手のひら返し」と批判も オリンピックに沸くテレビ・新聞の報道

    ABEMA TIMES

    07月29日 09:54

  5. 5

    小池都知事“一人暮らしは自宅を病床に”発言に「一人で死ねってこと?」と怒り爆発

    女性自身

    07月29日 11:27

  6. 6

    コロナ対策は菅内閣にも直結 東京の新規感染者数が5000人超えなら菅内閣はもたない

    田原総一朗

    07月28日 14:43

  7. 7

    東京3000人は五輪強行開催によるモラル崩壊の証。もう誰も自粛しない

    かさこ

    07月28日 08:46

  8. 8

    高校に通わなかった東大名物教授の独学勉強法 本や教科書は疑って読むクセ

    宇佐美典也

    07月29日 12:00

  9. 9

    「きれいごとだけでは稼げない」週刊文春が不倫報道をやめない本当の理由

    PRESIDENT Online

    07月28日 12:30

  10. 10

    西村大臣の酒類販売事業者への要請撤回 首相官邸の独断に官僚からも疑問の声

    舛添要一

    07月28日 08:34

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。