記事
  • krmmk3

シャープの株主優待?

最近株主への配当金の郵便小為替が届きます。ゆうちょ銀行へもっていけば現金に換えてもらえるので、一刻も早く変えたいものなのですが、如何せんその株の所有者はわたしではなく父だったりするのでうまく交換できません。

昔はそうでもなかったのですが、最近はトラブルを防ぐため、本人でないとゆうちょでは何もさせてもらえないケースが多くなっており、この配当金の為替もその例にもれず、原則本人のみ交換可、となっているのですが、我が父は未だ入院中であるため、抜け出して銀行へ行くなどできません。仕方ないので、委任状欄に本人、つまり父に直筆で書いてもらうしかありません。

なので、届くたびに母が病院に小為替をもっていって書いてもらうのですが、この10日ほどは毎日届くので「面倒くせぇ」と最近は書くのを嫌がっているようです。それでも書いてもらわなお金がもらえないのでいくら面倒でもしっかり描いてもらわなければなりませんが。

配当金は株投資の目的ではありますが、企業によってはそれ以外にも株主優待と称していろいろ特典をくれるところも珍しくありません。有名なのは映画配給会社のチケットや、鉄道会社の割引券です。

わたしも昔はその優待券を使ってタダで映画を見に行ったりしたものですが、そういう特典の楽しい企業ほど証券会社は売らせたがるらしく、連日の「売れ売れ」電話催促。結局押し切られてしまったのか、わたしはだいぶかみついたのに結局売ってしまいました。

まぁ最近は地元の映画館もみんなシネコン方式で、どこの配給の映画、という概念がわからなくなってしまっているので、昔ほどあっても気軽には使いにくいかも知れませんが。

今でも優待チケットとかくれるんでしょうかね。そういえば一時某菓子メーカーの株も持っていたので、優待としてそのメーカー製の菓子詰め合わせ、なんてのももらったことがありますが、そのメーカーの代名詞と言ってもいいヒット商品はキッチリと入っていないあたりにどことない闇を感じたものです。

そうした自社製品をくれる企業の大半は手放してしまった父ですが、それでも株主優待はもらえます。なぜか最最自社製品とはほとんど関係ない食品のギフトなんかをポイント制で選べる企業が出てきており、そうしたものを取り寄せられるからです。

中身も結構悪くなくて、そうしたサービスをもって株を所有し続けてもらおうとするさまは、なんとなく最近政府から苦言が入るようになった「ふるさと納税」のお返し合戦を連想させますが、企業のやることと言うことで政府も特に問題にする気はないのでしょうか。

そうした企業から次々送られて送る郵便物の中に、本日シャープのものがありました。中を見ると、「株主様向け「謝恩祭」のご案内」と称して、シャープの製品がズラリと並ぶ印刷物が入っています。

え? もしかして、持っている株の総額に応じてこの中から何か選べるのが株主優待? と異常な期待をもってよく見ると、下の方に「ご購入は、おひとりにつき3セットまでとなります。」って書いてあるんですわ。え? 株主なのに、買えるだけ???

確かに、安いと言えば安いんです。基本シャープの"謝恩祭"の方はセットなんですが、同じ組み合わせをインターネットで調べてみると、店舗を無視して最安値かそれに近いと思われる価格を合計したより少し安い、というくらいです。これが買ってでも欲しいという人には間違いなくお得ですが、株主相手だから特別に、というよりメーカー直販だからできる価格、というものにしか見えません。

正直サービスというより企業のボーナスの最悪の形である「現物支給」を連想させます。まぁシャープと言えば、経営不振で台湾のホンハイの傘下となった企業。

いくら黒字になってあとはいえ、上場はまだ二部から這い上がれませんし、これが精いっぱいなんでしょう。むしろこの数年シャープは謝恩祭どころか配当金すら全く出ていなかったので、それと比べれば何かしようという気力があるだけマシというところです。それゆえに証券会社も全く売らせる気がなかったわけですが。

どうもまだまだ悪循環から抜け出せたとは言えないシャープですが、なんとか頑張って継続してほしいものです。そうでないと、ただでさえ少ない日本でテレビを販売しているメーカーがまた減ってしまいますからね。

その生き残りの一社である東芝も、別に原因があるとはいえやはりゴタゴタでいつどうなるかわかりませんし、そのうち日本で買えるテレビはソニーかパナソニックだけ、になってしまう可能性もありますからね。本当はテレビ業界も余計な規制なんかやめて、自由市場に開放され、国際競争力を取り戻すのが一番なんでしょうが、政官財一体となってその可能性をつぶし、日本企業の競争力を育てない方針を貫いている以上、道は遠そうです。

あわせて読みたい

「シャープ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    女子大生が教える最新ラブホ事情

    BLOGOS編集部

  2. 2

    N国が退潮か 我孫子市議選で落選

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  3. 3

    日本の金継ぎがイギリスで大流行

    幻冬舎plus

  4. 4

    東京五輪後は一切面倒見ないIOC

    舛添要一

  5. 5

    沢尻容疑者甘やかされた芸能生活

    渡邉裕二

  6. 6

    解雇規制緩和を主張する人の矛盾

    非国民通信

  7. 7

    「桜を見る会」はちっぽけな問題

    小林よしのり

  8. 8

    飲食業成功は簡単 堀江氏正論か

    メディアゴン

  9. 9

    日本企業に陽はまた昇るのか?

    ヒロ

  10. 10

    コクヨのぺんてる買収 TOBなのか

    山口利昭

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。