記事

民進党さんが解党すれば政治が変わりそう

大阪では維新が、東京では「都民ファースト」が自民党の牙城を崩したことは、少なくとも大阪や東京の有権者には、しがらみを抱えた自民党ではない、現実の課題解決が期待できる政党へのニーズがあることを物語っています。しかし不幸なことは、そのニーズに応える政党がないことです。

大阪ではすでに民進党は壊滅し、今回の都議会選では、国会では森友、加計学園問題で安倍内閣を追求する急先鋒だったにもかかわらず、議席数を落としています。都議会選で存在を示せず、埋没した結果として民進党も敗北したのですが、野田幹事長が記者会見で語られた内容には驚愕します。

「自民党の極めて強権的な国会運営、稲田防衛大臣や自民党議員の発言など、国政での自民党政権のおごりや隠蔽、『権力の私物化』などが大きなテーマとなり、都民が明確に『安倍政権にノー』という意思を示した」
民進 野田幹事長「安倍政権にノー」の意思示した | NHKニュース : 

少なくとも幹事長としては、敵失があったにもかかわらず、都議会選で勝てなかったことを反省せず、評論していては、民進党に明日はありません。政権交代可能な健全野党としての役割を守る責任を果たさず民進党を凋落するままにしてきたこと、安倍「一強」を補強するピエロのような役割に甘んじてきたことに、どう向き合うかを示さなければ、話になりません。

自民党は今回の都議会選の結果を受け、党内での力関係が変化し、それなりに対処してくると思いますが、民進党は、さらに離党者が増加し、凋落が進むことを予感させます。むしろ、民進党が解党したほうが、新たな野党が生まれ、政界再編の可能性がでてくるのではないでしょうか。

安倍内閣でわかったことは、国会議員は人数が多い割に与野党ともに、人材が不足していることです。だから、人事が偏ると、まともに答弁できなかったり、常識はずれの失言をする大臣が誕生してしまいます。かつての高度成長期ならそれでも良かったのでしょう。官僚が仕事をしてくれました。しかし、今日、日本が抱えるさまざまな課題は中央集権型の統治では手に負えなくなってきています。財政出動しても、肝心の改革が進ます、経済効果もでてきません。

もう思想の時代はとっくに終わっており、問題解決アイデアの発想力や、問題解決能力で競い合う時代になってきています。日本が抱えるさまざまな課題を、どんな優先順位で、どう解決するのかを競い合う政策コンペの時代へ政治が移行すれば、さらに国民の政治参加が進み、日本に活力が戻ってくるのではないでしょうか。

そういった時代を切り開くことができない民進党は、自民党でもない、まして共産党でもない、しがらみのない新しい政治勢力が生まれ育つことを促すために、ぜひ解党していただきたいものです。それが政界再編を望む国民への最大の貢献ではないでしょうか。

あわせて読みたい

「民進党」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ウイルス変異も「運がいい」日本

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    蔡総統が日本人に感謝「強い絆」

    BLOGOS しらべる部

  3. 3

    小倉優香の降板騒動 理由は彼氏?

    渡邉裕二

  4. 4

    安住淳氏の分を超えた発言に呆れ

    鈴木宗男

  5. 5

    お嬢様迷惑ツアーに島が自粛要請

    SmartFLASH

  6. 6

    北欧の集団免疫策 本当に失敗か

    幻冬舎plus

  7. 7

    大前氏 GoToは差別助長する愚策

    NEWSポストセブン

  8. 8

    地方へ責任転嫁 国の姿勢に疑問

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  9. 9

    中国が日本のFOIPを強く警戒か

    SYNODOS

  10. 10

    対中圧力で国際社会は連携すべき

    木村正人

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。