記事

「若さ」「ゴシップ」先行の新仏リーダー

ジャーナリスト 三河 五朗

親EUか反EUか、グローバリズムかナショナリズムか。仏世論を二分した大統領選で極右のマリーヌ・ルペン候補を破って新大統領に。清新な風貌、鋭い弁舌、16歳のときに一目惚れした高校の恩師で25歳年上の人妻を執念の略奪婚──ゴシップ報道が先行する実力未知数のフランス史上最年少指導者だ。ルペン回避のため鼻をつまみながら選んだ有権者も多いが、グローバリズムを肯定し、開放経済とEUの重要性を正面から訴えての当選は、世界のナショナリズム、右派ポピュリズム台頭の潮流に一石を投じた。

前オランド政権の経済相という意味では左派だが、元ロスチャイルド系銀行幹部で巨額の報酬を得ていたブルジョワジーの権化でもあり、中道を自称する。6月の下院選対策もあって新内閣はバランスを重視。大臣の半数は女性で、外務担当はオランド政権から、経済担当はサルコジ政権から登用。しかし反原発のエコロジスト、ニコラ・ユロ氏を国務相兼環境相にし、原発推進派でアレバ社のロビー活動家だったエドゥアール・フィリップ氏を首相にしたことは、政策分裂の火種となりそうだ。

就任式では「社会における分断や分裂を克服する」と訴えた。しかし融和、バランスを重視するあまり具体策を欠く姿勢は「ことなかれ主義」に陥る恐れもある。有権者の期待に応えられなければ、次の大統領は反EUの極右候補かもしれず、そのときこそEUは終焉するとの声も。彼の双肩にはフランスのみならず、EUおよび世界の命運もかかっている。

フランス大統領 エマニュエル・マクロン
1977年生まれ。パリ政治学院、国立行政学院卒。投資銀行幹部などを経て、オランド政権下で経済・産業・デジタル相に。2017年5月、フランス大統領就任。

あわせて読みたい

「エマニュエル・マクロン」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    参院選 野党の惨敗は当たり前

    青山まさゆき

  2. 2

    れいわ 3議席以上獲得で政界再編

    田中龍作

  3. 3

    N国党・れいわが議席獲得の予測

    AbemaTIMES

  4. 4

    徴用工で対抗? 河野氏が「誤解」

    河野太郎

  5. 5

    前作を超えなかった「天気の子」

    諌山裕

  6. 6

    宮迫会見で記者は圧力に屈したか

    孝好

  7. 7

    菅長官と元TBS記者にカネの疑惑

    上脇博之

  8. 8

    吉本批判のハリセン春菜が面談

    NEWSポストセブン

  9. 9

    若者の投票では変わらぬ日本社会

    西村博之/ひろゆき

  10. 10

    卵は一日何個まで? 論争に決着か

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。