記事

ポンドが上昇、一時1.30ドル突破 英中銀当局者のタカ派発言続く

[ロンドン 29日 ロイター] - ポンドが29日、対ドルで上昇し、5週間ぶりに1.30ドルを突破した。英中銀当局者らの一連の発言を受けて、市場関係者の間では、英中銀が金融政策の引き締めを検討しているとの見方が一層強まっている。

カーニー総裁は28日、英経済が完全稼動の状態に近づくにつれ中銀は利上げを実施する必要が出てくる可能性があり、金融政策委員会(MPC)はこのことについて「数カ月」以内に討議する、と述べた。

さらに、英中銀のハルデーン理事は29日、現在の金利水準に満足しているとする一方、インフレを抑制するため、英中銀は利上げを「真剣に検討」する必要があるとの見解を示した。BBCに対して語った。

ポンド<GBP=D3>は、29日の欧州時間の取引序盤に一時、1.3007ドルまで上昇。対ユーロ<EURGBP=D3>でも0.2%上昇している。

トピックス

ランキング

  1. 1

    NHK受信料「義務化」は時代錯誤

    大関暁夫

  2. 2

    伊藤容疑者 事務所破産の可能性

    SmartFLASH

  3. 3

    感染防ぐ日本人 生活習慣にカギ

    中村ゆきつぐ

  4. 4

    欧州の教訓 PCR検査は対策ならず

    PRESIDENT Online

  5. 5

    大阪都構想 賛成派ほど理解不足?

    赤池 まさあき

  6. 6

    任命拒否めぐる菅首相の迷走ぶり

    大串博志

  7. 7

    お金の流通量 調整誤る日本政府

    自由人

  8. 8

    「007」初代ボンドの俳優が死去

    ABEMA TIMES

  9. 9

    年内閉店も 飲食店の淘汰は本番

    内藤忍

  10. 10

    国民生活の改善でトランプ氏優勢

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。