記事

イランの薬物患者の激増

イランでは、死刑に処される多くのものが麻薬密売人とされていることはよく知られていますが、al arabiyab netはイランの薬物中毒者は過去6年間で倍増して、280万人の達したと報じています。

このnetはサウディ系なので、昨今の両国関係を反映した宣伝r的要素もあるかとも思われるが、記事の元のソースはイランのマスコミとのことなので、少なくとも事実関係は大きくずれてはいないのではないかと思われるので、記事の要点のみ次の通り。

なお、イランが薬物禍に悩んでいるのは隣国のアフガニスタンが世界有数の麻薬産出国で、イランがその通過地となっているからと思われます。

「イランメディアが25日伝えるところによると、この6年間でイランのの薬物患者は倍増して280万人になった。

ちなみにイランの人口は約8000万人である。
イラン保健省等によると、6年前の中毒患者は130万人であったよし。

これらのうち、実に66・8%が麻薬オーピアム中毒で、11・9%が大麻患者で、8・1%がメタモフィタミン中毒患者である。

隣国のアフガニスタンが麻薬の一大産地で、イランは欧州等への通過地にあたるが、アフガニスタンでは2001年の米軍の侵攻とタリバン政権崩壊で、麻薬産出が大幅に増加した。

ちなみにこの3月以来のイランの新年では、イラン治安当局はすでに200トンの麻薬を押収している。
https://www.alarabiya.net/ar/iran/2017/06/25/ارتفاع-عدد-مدمني-المخدرات-بإيران-لمليونين-و-800-ألف-شخص.html

あわせて読みたい

「薬物問題」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    韓国の国際法無視 強行なら好機

    木走正水(きばしりまさみず)

  2. 2

    河野大臣が表情変えた記者の質問

    BLOGOS しらべる部

  3. 3

    レバノン爆発 ゴーン氏の家破壊

    ABEMA TIMES

  4. 4

    吉村府知事の提案は試す価値アリ

    青山まさゆき

  5. 5

    春馬さん「結局カネ」家族に悩み

    文春オンライン

  6. 6

    大阪うがい薬推奨に医師らは呆れ

    中村ゆきつぐ

  7. 7

    バナナ食べる少女の広告Audi謝罪

    BBCニュース

  8. 8

    玉木氏に横柄? 枝野代表の狭量さ

    早川忠孝

  9. 9

    香港民主派の周庭氏に有罪判決

    ABEMA TIMES

  10. 10

    スタバと違い常連扱いないセブン

    内藤忍

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。