記事
  • MIAU

【MiAUの眼光紙背】第5回:放送は、本当にコピーコントロールしないとダメなのか(小寺信良)

「違法ダウンロード違法化」に対するパブリックコメントは、かなりの数が集まったようである。ご協力いただいた皆様には感謝申し上げる。

さて、MIAUが次のターゲットとして考えているのが、いわゆる「ダビング10」問題である。今年7月に総務省情報通信委員会の「デジタル・コンテンツの流通の促進等に関する検討委員会」でこの方針が打ち出されて以来、なんだかこれで決まりのように各メーカーが動き始めている。だが本当にダビング10は、妥当な仕組みなのだろうか。

9回ダビング+1回ムーブというのは、数としては一見十分なように見える。権利者側が、これだけの回数を飲んだという点は評価できるだろう。だが、そもそもコピーワンスの何が不便かという点の解消には、十分ではない。

デジタル技術のメリットはいくつもあるが、ざっと考えつくのは、
1. 品質の劣化を最小限に抑えてデータを圧縮できること
2. 複製・伝送時に品質が劣化しないこと
3. 複製・伝送時にリアルタイム以上のスピードで実行可能なこと
である。

デジタルレコーダの革命は、デジタル技術によって成し遂げられた。技術的には、HDDに録画された番組は「非劣化のまま」「高速に」「別メディアへの複製が」可能である。だが実際にこのデジタルのメリットが、コンシューマにおいて活用されることはない。

それは、カジュアルにオリジナルと寸分変わらず複製できることで、大量コピーが世の中に出回り、コンテンツビジネスを潰してしまうからである。特にネットの発達により、何かのメディアに入れての物理物のやりとりではなく、デジタルデータ直でやりとりできるようになった。これで違法者のシッポが掴みにくくなったり、あるいは現場を押さえられなくなったりしているのが現状である。

しかしちょっと待って欲しい。この理屈は一見筋が通っているように見えるが、そもそも誰が悪いのかをよく考えてみよう。本当に悪いのは、著作者の権利を侵害してコンテンツをばらまこうとするアホウどもである。そのツケを、すべての一般消費者が「不便」という形で均等に払わなければならないものだろうか。

つまり本筋では、これを取り締まる制度や技術を開発する方に努力すべきなのである。制度的には、すでに著作権法がある。技術的には、そろそろ「誰が流したか」がトレースできる技術も見えてきている。「オマエら全員不便になあれ」という魔法は、もう必要ない時代に入ってきているのではないか。

ご存じのように、放送にDRMをかけているのは、世界中で日本だけである。コンテンツ大国である米国では「ブロードキャストフラグ」の運用が検討された時期もあったが、実行前に連邦裁判所で違法とされた。

もちろん日本と米国では、放送に対する重みが違う。日本では、映像コンテンツの配信インフラとして、放送は未だに大きな比重を占めている。iTunes Storeで先週のドラマが買える米国とは、事情が全然違うのである。

しかしこれは私見だが、放送がコピーワンスやダビング10のようなDRMにこだわっていると、現在のような影響力を保持することはできないだろう。なぜならば、今後消費者がコンテンツ入手経路として、「放送」ではなく「通信」を求めてくるのは、世界的な趨勢だからである。放送に頼らなくても、もはや代替案が出てきているのだ。

MIAUでは放送のDRMはどうあるべきかを、これから皆さんの意見を取り入れながら考えていくことになる。筆者は、DRMそのものを放棄するという選択肢も、これに加えたいと思っている。放送でメシを食ってきた筆者がもっとも過激な提案をするのは、「このままだと放送が衰退するのは見えてますけど、それでいいんですか?」という、放送業界への「思いやり」なのである。
(小寺信良)

プロフィール:
MiAU 2007年設立。ネット上の世論を集約し、政策提言などを行う団体。著作権法関連の動きについて、ネットユーザが意見表明するためのサポートを行っていくことを目的として設立された。
公式サイト:MiAUコデラノブログ 3


眼光紙背[がんこうしはい]とは:
「眼光紙背に徹する」で、行間にひそむ深い意味までよく理解すること。
本コラムは、livedoor ニュースが選んだ気鋭の寄稿者が、ユーザが生活や仕事の中で直面する様々な課題に対し、「気付き」となるような情報を提供し、世の中に溢れるニュースの行間を読んで行くシリーズ。バックナンバー一覧

トピックス

ランキング

  1. 1

    秋篠宮さまの即位辞退は「先手」

    小林よしのり

  2. 2

    金正恩氏の権威失墜で体制崩壊へ

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  3. 3

    眞子さま周囲で高まる結婚願う声

    NEWSポストセブン

  4. 4

    イギリス料理が美味しくないワケ

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  5. 5

    韓国政府が恐れ? XJAPAN大ブーム

    NEWSポストセブン

  6. 6

    秋篠宮さまの天皇辞退論は画期的

    猪野 亨

  7. 7

    自覚なし? 増殖する差別おじさん

    NEWSポストセブン

  8. 8

    ドコモ新料金 安さ実感は数年後

    S-MAX

  9. 9

    保岡興治氏の要職外した安倍首相

    早川忠孝

  10. 10

    沖縄3区で野党支援の候補が当確

    国民民主党

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。