記事
  • MIAU
  • 2007年11月19日 11:00

【MiAUの眼光紙背】第3回:未来は見えているか?〜歴史が教えてくれる著作権法の怖さ(中川譲)

 現在筆者は、映画業界に関連する仕事をしている。昨今はテレビや新聞でも「コンテンツビジネス」がもてはやされていて、映画業界といえば、さぞや豪勢で華やかなものだと思われる皆さんも多いかもしれない。だが実はこの業界、読者の皆さんが漠然と想像されるより、ずっとずっと規模が小さく、こじんまりとしたものなのである。

 日本における映画の売上は、全てをかき集めても年間5000億円くらいにしかならず、これはセブンイレブン1社の年間売上にも及ばない。そしてこのうちの半分以上、3000億円くらいは、実は劇場での売上ではなく、DVDやビデオの売上(これを専門用語では二次使用という)に頼っているのだ。映画は、とっくの昔に映画館で見るものではなくなっている。

 劇場ではなくビデオ販売に頼っているという映画の産業構造は、日本のみならず、アメリカ・ハリウッドでも変わらない構造である。実際に映画会社や映画プロデューサが製作費を工面していく際にも、「劇場での人気は読めないが、ビデオの売上ならある程度読める」と言って、ビデオの売上から逆算して予算を組んでいたりする。DVDやビデオの売上は、今日において世界の映画産業を支える大黒柱なのである。

 しかし、過去においては、ビデオが映画産業の敵だった時期がある。1976年、米国の映画会社ユニバーサル社は、世界で初めて家庭用のビデオデッキ(ベータマックスというヤツだ)を作ったソニーを、訴えた。ビデオデッキの販売を差し止めたり、映像は一切録画できないようにしろなどという、かなり図々しい要求も行われた。

 ユニバーサル社は、前年の『ジョーズ』が大当たりしてウハウハな状態であり、また多数のテレビ番組も製作していた。そこへ、誰もが簡単に映像を記録できる機械が出てきた。これは不味い、録画されてしまったら、一度でもテレビで流してしまった映像には商品価値がなくなってしまうじゃないか! きっと、そんな風に考えたのだろう。もちろん実際には、優れた映像は何度も鑑賞されるものであるが。

 初めの裁判はソニー側が勝ったが、控訴審ではユニバーサル側が勝った。米最高裁にまで持ち込まれた裁判は、最終的には5対4のきわどい差でソニーが勝った。もしソニーがこの裁判に負けていたら、現在のように、9割くらいの家庭にまでビデオデッキやDVDプレーヤーが広まることは、まず無かっただろう。
 
 それはつまり、家庭のテレビでお気に入りの映画を繰り返し鑑賞するようなライフスタイルも生まれることはなかった、ということだし、そしてもしそうなっていたら、現在のようにビデオの売上に収入の多くを依存するユニバーサル社自身も、傾いてしまったかもしれない。1976年当時の家庭用ビデオソフトの売上は、ゼロだったのだから。

 映画会社は、10年ほどの無駄な時間と巨額の裁判費用を費やした後、著作権法を利用してビデオデッキの存在を叩き潰すより、味方にした方が儲かるということに、ようやく気がついた。

 1976年時点の映画会社にとって、ビデオデッキとは、自らの目の届かないところでコンテンツをコピーされるだけの、悪のツールにしか見えなかった。でも10年経ってみたら、ビデオを使わずに商売をする方が愚か、という状態になっていて、しかも劇場での売上は落ちるどころか、ビデオの売上と共に伸びていった。ハリウッドの映画産業を牽引する巨大企業の経営陣ですら、わずか10年先の見通しを誤ったのである。

 さて、今日のインターネット上で大人気を博している、Youtubeやニコニコ動画といった動画投稿サービスを、著作権侵害の場になっていると批判する人達がいる。ああいうサイトのせいで、DVDの売上が落ちたのだと公言して憚らない権利者もいる。筆者の目には、こうしたネットワークを利用した新しいサービスを批判する著作権者たちは、30年前の「未来が見えていなかった」ユニバーサル社とダブって見える。

 そういう批判をする権利者がいる一方で、アニメ『涼宮ハルヒの憂鬱』のDVDは、まったくテレビ放映されていないアメリカで、合計7万本以上が売れた。ユーザーが勝手にアップロードした動画が、宣伝・広報として有効に機能したからだ。動画投稿サービスは、権利者にとって都合が悪いことばかりではない。ユーザー主導型の動画投稿サービスを上手く利用して、きっちりとしたビジネスに結びつける方法は、必ずある。

 確かにインターネット上には、違法な形での著作物のコピーが数多くあるだろう。でもだからといって、新しいネットワークサービスの提供者や、その利用者が萎縮しかねないような形へ法制度を変えようとするのは、知財立国だのコンテンツ立国だのと唱える日本にとって、相応しいものだとは考えられない。それは、30年前にビデオデッキを滅ぼそうとした映画会社のような愚行ではないだろうか。

先月の末頃に、あのJASRACが、Youtubeやニコニコ動画と手を組もうとしているというニュースが流れた。もし実現すれば、ネット上での合法的な流し放題、聞き放題の音楽配信サービスが実現することになる。音楽著作権絡みでは悪辣さが非難されることの多いJASRACだが、上手くネットワーク技術を利用した方が、よりビジネスの広がる可能性に気づいたのであろう。ネットワークは、間違いなく情報の流通を活性化する技術だ。その技術を活かし、多くの人がよりハッピーになれる解が、きっとあるだろう。(中川 譲)


プロフィール:
MiAU 2007年設立。ネット上の世論を集約し、政策提言などを行う団体。著作権法関連の動きについて、ネットユーザが意見表明するためのサポートを行っていくことを目的として設立された。
公式サイト:MiAU


眼光紙背[がんこうしはい]とは:
「眼光紙背に徹する」で、行間にひそむ深い意味までよく理解すること。
本コラムは、livedoor ニュースが選んだ気鋭の寄稿者が、ユーザが生活や仕事の中で直面する様々な課題に対し、「気付き」となるような情報を提供し、世の中に溢れるニュースの行間を読んで行くシリーズ。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「レジ袋の有料化」と「レジ袋の減少化」が生んだ本末転倒な事態

    自由人

    09月22日 22:07

  2. 2

    「自民党は嫌いでも、投票するのは自民党」立憲民主党が自民党に勝てない最大の理由

    御田寺圭

    09月23日 08:07

  3. 3

    賃上げ・労働分配率向上策は、河野氏の法人税減税よりも高市氏の人材育成投資が有効

    赤池 まさあき

    09月22日 09:04

  4. 4

    アメリカの輸入規制撤廃に福島から喜びの声 「菅首相の置き土産?」指摘も

    BLOGOS編集部

    09月22日 16:26

  5. 5

    横浜市長就任後も疑惑について説明しない山中竹春氏 ウソと恫喝の追及は続く

    郷原信郎

    09月22日 10:56

  6. 6

    菅さんの水面下での仕事の成果が今になって出て来たようだ

    早川忠孝

    09月22日 15:52

  7. 7

    公明・山口代表 給付金を選挙公約に掲げるも「何をいまさら」と呆れ声

    女性自身

    09月22日 16:21

  8. 8

    ワクチンパスポートの目的は差別じゃない~区別と差別を明確に切り分ける重要性~

    山崎 毅(食の安全と安心)

    09月22日 08:19

  9. 9

    河野太郎氏は、国会議員投票でも一位を取るべく全力を尽くしべし

    早川忠孝

    09月22日 17:41

  10. 10

    鳩山由紀夫氏“民主党は内ゲバで崩壊”と的確な分析に賛同も「急にまとも」と困惑続出

    女性自身

    09月22日 14:37

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。