記事

消えゆく北朝鮮「美人レストラン」…世界各地で閉店相次ぐ

集団脱北した北朝鮮レストランの女性従業員たち

看板娘の「美人ウェイトレス」たちが世界各地で外貨を稼ぎ、金正恩体制の延命に貢献してきた北朝鮮レストラン。新規出店を進める一方で、閉店を余儀なくされる店舗も続出している。

韓国の中央日報によると、北朝鮮の冷麺専門店、玉流館(オンリュグァン)は最近、アラブ首長国連邦の首都、アブダビのホテルに出店したという。料金は、4~5人で個室を使った場合、カラオケ代まで含めて500ドル(約5万5000円)となかなか高額だ。

(参考記事:北朝鮮「美女カラオケ店」ぼったくりサービスの実態

同紙が引用した情報筋によると、ドバイの店の成績がよかったため、アブダビへの出店を決めたとしている。経営にあたるのは、北京でレストランの運営経験を持つ北朝鮮女性だという。

一方で、閉店も相次いでいる。

クアラルンプールのレストランは、2月の金正男氏殺害事件を巡りマレーシアと北朝鮮の関係が悪化したあおりを受け閉業し、従業員はすでに帰国したと現地の情報筋の話を引用し、聯合ニュースが報じた。

このレストラン、旅行情報サイト、トリップアドバイザーの読者評価では、5段階評価で上から2番目の"Very good"が最も多く、決して評判は悪くなかったようだ。

(参考記事:美貌の北朝鮮ウェイトレス、ネットで人気爆発

しかし、マレーシアと北朝鮮との関係が国交断絶寸前まで悪化したあおりを受け、閉店したと伝えられている。

また、北朝鮮当局と南アフリカ人が合弁で経営していたレストラン、プロパガンダは、南アフリカ政府が北朝鮮従業員に対するビザの発給を拒否したため、昨年末に閉店したと米政府系のラジオ・フリー・アジア(RFA)が報じている。

同時に、北朝鮮レストランに対する締め付けも強化されている。

シンガポールのアジアワンは今年2月、インドネシアの首都、ジャカルタ東部のクラパ・ガディンにある北レス、平壌を巡る疑惑を報じた。朝鮮人民軍(北朝鮮軍)の偵察総局がこのレストランを拠点として、インドネシアを訪れる、本と韓国の政治家、外交官、ビジネスマンなどの同行を監視し、情報を収集しているというのだ。

これに対してインドネシア警察当局は、外務省と共同で調査に乗り出す方針を示しているという。

(参考記事:20代美人ウェイトレスを直撃……「北朝鮮レストラン」の舞台裏

※デイリーNKジャパンからの転載

あわせて読みたい

「北朝鮮」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。