記事

酒酔いの医師が、手術室に入ってきたらどう思う?医師の働き方問題は、私たちの安全問題でもある

1/2

突然ですが、想像してみてください。

早朝、急にお腹が痛くなり、一歩も動けなくなりました。救急車で運ばれた先で盲腸(虫垂炎)と診断され、緊急手術をすることに。

ところが手術室に入ってきた医師からアルコールの香りがします。顔も赤いようです。どんな気持ちになるでしょうか?

「やめろ、訴えてやる!」と思ってしまいそうです。

実は、それと匹敵するような事態が日常的に起きていてもおかしくないというのが、いまの日本の医療の現状なようなのです。

医師は働き方改革の「例外」

いま、「働き方改革」が注目を集めています。

この3月、政府がまとめた「働き方改革実行計画」では、時間外労働の上限を原則1か月45時間とし、労使が合意した場合は1か月平均60時間(特に忙しい月は100時間未満)とすることになっています。もし、この上限を超えた場合、罰則が課されることになります。

しかし医師は、この「働き方改革計画」において例外とされ、2年後(2019年3月)をめどに「規制の具体的な在り方や、労働時間の短縮策等について検討し、結論を得る」とされました。要は、先送りになったということです。

なぜなのでしょうか?

医師は患者を「拒む」ことができない

その大きな理由が、医師に課された応召義務(おうしょうぎむ)です。

医師法19条は「診療に従事する医師は、診察治療の求めがあった場合には、正当な事由がなければ、これを拒んではならない」と定めています。要は、患者さんが治療を求めてきた場合に、正当な理由がないのに断ってはいけないよ、ということです。(なお「正当な事由」とは医師自身が病気であったり、医薬料が不払いだったりした場合などが想定されています(注1))

仮に、緊急の治療を求める患者さんが病院に来たのに「働き方改革で医師がいないので対応できません」という事態が起きたとすると、この定めと違ってしまいます。何より、私たち治療を受ける側にとって非常に困ることになります。

ですので、お医者さんの働き方は「別枠」で考えなければならない、という論にも一定の根拠があるように思えます。でも、それで話を終えてよいのでしょうか?

様々な意見があると思いますが、個人的には、そう思えません。医師の働き方問題は、医師だけの問題ではなく、私たち治療を受ける側の「安全」にかかわる問題だからです。

医師の「激務」はイメージ通り

総務省の調査によれば、職業別に見た場合、すべての雇用者(注2)のなかで1週間の労働時間が60時間を超える人が最も多いのが医師です(41.8%)。

第51回社会保障審議会医療部会資料(厚労省作成)より
第51回社会保障審議会医療部会資料(厚労省作成)より

そして実際の働き方を調べた調査からは、医師の1割強が、月に少なくとも1度は24時間を超える連続勤務を経験していると回答しています。わかりやすく言えば、「徹夜」をしているということです。連続36時間勤務を経験していると答えた人も3%ほどいました。

第51回社会保障審議会医療部会資料(厚労省作成)より
第51回社会保障審議会医療部会資料(厚労省作成)より

筆者が実際に取材するなかでも、「当直中、患者さんが途切れず一切仮眠が取れなかった」「徹夜明けに緊急手術、人がいなくて手術を担当」なんて話はよく聞きます。

いま高齢化を背景に医療を求める人の絶対数が増えているなかで、医師は患者を拒めないわけですから、このような事態が起きるのはある意味で当然かもしれません。お医者さんは大変だろうけど、命を預かる「聖職」としての働きに心から感謝しましょう…、ということで良いのでしょうか?

あわせて読みたい

「医療」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    悪質な収集家に裁判官怒りの一言

    阿曽山大噴火

  2. 2

    国に従わず支援求める朝鮮学校

    赤池 まさあき

  3. 3

    立民議員の官僚叩きに批判が殺到

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  4. 4

    ピアノめぐり上皇后様に感銘の声

    BLOGOS しらべる部

  5. 5

    机叩き…橋下氏語る菅首相の会食

    ABEMA TIMES

  6. 6

    淡々とデマ正した毎日新聞は貴重

    文春オンライン

  7. 7

    上野千鶴子氏 任命拒否に危機感

    女性自身

  8. 8

    ベガルタ選手 交際相手DVで逮捕

    SmartFLASH

  9. 9

    移動しなくても良い新しい社会

    ヒロ

  10. 10

    初鹿明博氏が議員辞職する意向

    ABEMA TIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。