記事

今回の選択は、至極簡単。今回の都議会議員選挙は、小池都政に対する審判だそうだ

争点が単純化されたことは、よかったと思う。

昨日の夕刊や今朝の朝刊には、今回の都議会議員選挙は小池都政に対する審判だ、という大きな文字が躍っていた。
小池さんのこの1年間の都政運営について大きな声でノーと言いたい方々は、小池さんの足を引っ張ろうとして様々に仕掛けをしてくる陣営に投票すればいいし、小池さんにガンバレ、ガンバレと声を掛けて上げたい方々は小池さんが皆さんに推奨する候補者に投票すればいいだけのことだ。

小池都政に審判を下す、というのはそういうことである。
小池さんのやること為すことに文句を付けたい方は、この都議会議員選挙で小池さんにノーの一票を投じられればいいだけの話である。

小池さん自身はこの度の選挙に立候補しているわけではないから、結局は小池さんが推奨しない候補者の方に一票を投じればそれだけで小池さんに対してノーの意思表示をしたことになる。

都民ファーストの候補者の知名度がないこと、都民ファーストの新人候補者には確たる支援組織がないこと、都民ファーストの新人候補者はそれぞれに手作りの選挙運動を展開していることなどを勘案すれば、普通のケースでは有権者は都民ファーストの候補者は選ばない。
それこそ地べたを這いずる回るような地道な活動を相当長期間やっていなければ、まず知名度も上がらず、支持者も現れない。

しかし、今回の東京都議会議員選挙の争点は、あくまで小池都政にイエスかノーかという二択選挙だと思えば、小池都政を応援したい人はあれこれ考えないで都民ファーストの公認なり推薦を受けた候補者に投票すればいいだけのことである。

中央区で立候補した都民ファーストの候補者が苦戦しているようだ、という話が入ってきたが、今の段階ではあまり気にすることはない。

小池さんの足をどうしても引っ張りたい方は、それなりの投票行動をされればいい。

もっとも、私が見ている限り、どこの会場でも小池さんを応援する人は相変わらず多い。

あわせて読みたい

「東京都議会選挙2017」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「2021年になって未だに?」 NHKきっかけに日本のFAX文化が世界に 海外からは驚きの声

    BLOGOS しらべる部

    07月29日 17:14

  2. 2

    都の感染者が3865人のからくり 検査数が増えれば陽性者数も増える

    諌山裕

    07月30日 13:07

  3. 3

    歌舞伎×ジャズピアノ、タップダンスにイマジン…五輪開会式はなぜ変化球で攻めたのか

    毒蝮三太夫

    07月31日 08:05

  4. 4

    緊急事態宣言下で爆発している今の状況での延長なんて反感しか産まない ただ政府だけに責任押しつけるな 

    中村ゆきつぐ

    07月31日 08:58

  5. 5

    どうして日本から敢えて海外移住するのか?

    内藤忍

    07月31日 11:03

  6. 6

    もう、オリンピック・ムードに浸り続けるのは無理なんじゃないかな

    早川忠孝

    07月30日 08:37

  7. 7

    無法地帯になってきた空港と選手村 感染爆発が止まらないのも道理

    田中龍作

    07月31日 08:43

  8. 8

    なぜ無効な政策をいつまでも続けるのか?

    青山まさゆき

    07月30日 16:11

  9. 9

    第4波から何も学ばなかった政府 リーダーは意思とメッセージを明確にせよ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    07月31日 08:55

  10. 10

    「桜を見る会」不起訴処分の一部を不当に 検察審査会法の改正は司法改革の大きな成果

    早川忠孝

    07月30日 19:09

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。