記事

今回の選択は、至極簡単。今回の都議会議員選挙は、小池都政に対する審判だそうだ

争点が単純化されたことは、よかったと思う。

昨日の夕刊や今朝の朝刊には、今回の都議会議員選挙は小池都政に対する審判だ、という大きな文字が躍っていた。
小池さんのこの1年間の都政運営について大きな声でノーと言いたい方々は、小池さんの足を引っ張ろうとして様々に仕掛けをしてくる陣営に投票すればいいし、小池さんにガンバレ、ガンバレと声を掛けて上げたい方々は小池さんが皆さんに推奨する候補者に投票すればいいだけのことだ。

小池都政に審判を下す、というのはそういうことである。
小池さんのやること為すことに文句を付けたい方は、この都議会議員選挙で小池さんにノーの一票を投じられればいいだけの話である。

小池さん自身はこの度の選挙に立候補しているわけではないから、結局は小池さんが推奨しない候補者の方に一票を投じればそれだけで小池さんに対してノーの意思表示をしたことになる。

都民ファーストの候補者の知名度がないこと、都民ファーストの新人候補者には確たる支援組織がないこと、都民ファーストの新人候補者はそれぞれに手作りの選挙運動を展開していることなどを勘案すれば、普通のケースでは有権者は都民ファーストの候補者は選ばない。
それこそ地べたを這いずる回るような地道な活動を相当長期間やっていなければ、まず知名度も上がらず、支持者も現れない。

しかし、今回の東京都議会議員選挙の争点は、あくまで小池都政にイエスかノーかという二択選挙だと思えば、小池都政を応援したい人はあれこれ考えないで都民ファーストの公認なり推薦を受けた候補者に投票すればいいだけのことである。

中央区で立候補した都民ファーストの候補者が苦戦しているようだ、という話が入ってきたが、今の段階ではあまり気にすることはない。

小池さんの足をどうしても引っ張りたい方は、それなりの投票行動をされればいい。

もっとも、私が見ている限り、どこの会場でも小池さんを応援する人は相変わらず多い。

あわせて読みたい

「東京都議会選挙2017」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    男性パートナーの得意な家事「皿洗い」に女性は不満?意識のギャップを防ぐカギは【9月19日は育休を考える日】

    ふかぼりメメント

    09月18日 08:50

  2. 2

    なぜ不祥事を起こした議員の「除名」に極めて慎重なのか

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    09月19日 08:21

  3. 3

    鈴木宗男氏が、枝野代表の総裁選への指摘に苦言「論外」

    鈴木宗男

    09月19日 10:53

  4. 4

    自民OB・舛添要一氏「岸田文雄総裁なら“疑似政権交代”のような雰囲気出せる」

    NEWSポストセブン

    09月19日 11:56

  5. 5

    「FIREブーム」は昭和バブル期のフリーターブームに似ている

    内藤忍

    09月18日 14:15

  6. 6

    SNSで敢えて「時差投稿です」と言い訳 背景に日本社会の同調圧力の強さ

    内藤忍

    09月19日 13:00

  7. 7

    4候補のコロナ対策 立憲民主党含めて 具体策、実効性は乏しい

    中村ゆきつぐ

    09月19日 11:52

  8. 8

    堀江貴文「コロナ禍に資格の勉強を始める人が見落としている根本的な間違い」

    PRESIDENT Online

    09月18日 14:24

  9. 9

    アンタタッチャブル「共演NG説」あった松本人志との共演急増のワケ

    NEWSポストセブン

    09月19日 09:23

  10. 10

    ヒートアップする総裁選 すべては菅首相と二階幹事長の決断のおかげ

    早川忠孝

    09月19日 15:35

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。