記事

大震災が暴露したこの国の政治家・官僚の不要・不毛さ

 4月10日の日経新聞を見て驚いた。

 政府は国が保有する全国の公務員宿舎約2万6000戸を避難民の為に活用するという。

 政府の積極姿勢に感心したのではない。

 これほど多くの公務員宿舎が空き部屋になっていたという事実に唖然としたのだ。

 レンホウの事業仕分けは何をやっていたのだろう。

 その一方で、4月10日の毎日新聞は震災対策で与野党の政治家の存在感がまったく見えないと書いていた。

 国民の殆どが感じていることに違いない。

 大震災が教えてくれたのはいざという事に一番役に経たないのはこの国の政治家と官僚であるということだ。

 やはり、この大震災をきっかけに、「もう一つの日本」づくりをはじめなければならないということだ。

トピックス

ランキング

  1. 1

    ブラタモリに失望 忘れられた志

    メディアゴン

  2. 2

    新しい生活様式嫌がる日本医師会

    御田寺圭

  3. 3

    飲み会の2次会 死語になる可能性

    内藤忍

  4. 4

    官邸前ハンスト 警官と押し問答

    田中龍作

  5. 5

    菅首相が最優先した反対派の黙殺

    内田樹

  6. 6

    宮崎美子の才色兼備ビキニに脱帽

    片岡 英彦

  7. 7

    マイナンバーカードが2ヶ月待ち?

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  8. 8

    立民議員の官僚叩きに批判が殺到

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  9. 9

    任命拒否 学者6名に無礼な菅首相

    メディアゴン

  10. 10

    「マスクは有効」東大実証を称賛

    中村ゆきつぐ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。