記事

豊洲と築地は業態進化を前提に併存させる

市場問題の理解をインタビューで述べました(もちろん個人的見解です)
https://www.businessinsider.jp/post-34541
なかなか理解されないのが、市場の業態の進化。川上に進化したら物流センター、川下に行ったらアメ横、錦に進化。豊洲は前者、築地は後者にそれぞれ進化。これは単なる引っ越しでない。
ーーー
前提は、
1、いまどきの市場は、セリや取引の場というより、物流センターの性格が強い
2、市場にはいろいろなタイプがある。錦は川下型、大阪府の卸売市場は川上型。
3、ITや物流、流通の変化に合わせて市場業態はどんどん進化する。川上に進化したら物流センター、川下に行ったらアメ横、錦に進化。今回の案は、豊洲は前者、築地は後者にそれぞれ進化させるもの。単なる2回の引っ越しでない。
4、場内事業者も進化。また複数の市場に参加したり、自前の倉庫を場外に置いたり融通無碍。
5、市場はスタジアムや図書館みたいにワンセットで閉じた公共施設ではなく、いろいろな形態がある

あわせて読みたい

「築地市場移転問題」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    よしのり氏 韓国批判を封じるな

    小林よしのり

  2. 2

    嫌韓風潮を憂える朝日社説に疑問

    木走正水(きばしりまさみず)

  3. 3

    街で腕組むカップルが減った理由

    山口浩

  4. 4

    ミヤネ屋出演者の発言に批判殺到

    女性自身

  5. 5

    千葉災害 林業政策放置も遠因か

    田中淳夫

  6. 6

    N国立花氏 YouTubeで収入2億円?

    渡邉裕二

  7. 7

    イランと会談 日韓対立に影響も

    篠田 英朗

  8. 8

    韓国で身内を守る嘘が溢れる背景

    NEWSポストセブン

  9. 9

    新型iPhoneの5G搭載見送りは正解

    新井克弥

  10. 10

    夫を「クソ」と思っても愛せる訳

    幻冬舎plus

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。