記事

豊洲と築地は業態進化を前提に併存させる

市場問題の理解をインタビューで述べました(もちろん個人的見解です)
https://www.businessinsider.jp/post-34541
なかなか理解されないのが、市場の業態の進化。川上に進化したら物流センター、川下に行ったらアメ横、錦に進化。豊洲は前者、築地は後者にそれぞれ進化。これは単なる引っ越しでない。
ーーー
前提は、
1、いまどきの市場は、セリや取引の場というより、物流センターの性格が強い
2、市場にはいろいろなタイプがある。錦は川下型、大阪府の卸売市場は川上型。
3、ITや物流、流通の変化に合わせて市場業態はどんどん進化する。川上に進化したら物流センター、川下に行ったらアメ横、錦に進化。今回の案は、豊洲は前者、築地は後者にそれぞれ進化させるもの。単なる2回の引っ越しでない。
4、場内事業者も進化。また複数の市場に参加したり、自前の倉庫を場外に置いたり融通無碍。
5、市場はスタジアムや図書館みたいにワンセットで閉じた公共施設ではなく、いろいろな形態がある

あわせて読みたい

「築地市場移転問題」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。