記事

アメリカの偽札はババ抜きのババらしい

未だに紙媒体の新聞をとってますがそれが何か。

当地のローカル紙、San Jose MercuryにAction Lineというコラムがあって、これは、読者の様々なトラブルについて、担当記者の人が調べてくれたり、企業やお役所などに読者に代わって交渉してくれたりする、という大変役に立つコラム。昔私もグリーンカードでちょっとトラブったときにダンナがメールしたら調べてくれた。すばらしい〜。(この新聞の価値は最近、このコラムと、同じような趣旨でテーマを道路交通に絞った「Mr. Roadshow」というコラムの二つにしかないような気がするのではありますが。)

さて、そこに載っていたのがMy bank gave me counterfeit money

「銀行の窓口でもらった100ドル札が偽札だったのだがどうしたらいいか」というもの。読者からの問い合わせの中で、私がびっくりしたのは

I called the Morgan Hill police, but they told me that they do not take reports on this sort of thing and I would have to contact the bank.


「警察に電話したけれど、『その手の届け出は受け付けないので、元の銀行に聞いてくれ』と言われた。」

まじすか。新聞沙汰にならないはまだしも、警察沙汰にもならないわけですか。

そして紙面の回答も適当で、

「残念ながら最近多いんですよ、こういうの。銀行になんとかしてもらうしかないね。チャオ!」

みたいな感じ。回答の最後に
I'm off for two weeks. Happy holidays.


「明日から2週間休暇です。良いお年を!」

とあるので、きっとこれ以上フォローするのは面倒だったんでしょう。休暇だし。

それにしても。

・・・そうか、偽札をつかむということは、ババを引くのと一緒なのだな。引いた人がなんとかしないとならないと、そういうことなんですね。(なのか?)

ちなみに、counterfeit detector pen(偽札検出ペン)なるものがあり、これで札に線を書いて、黄色(琥珀色)だったらOK、黒とか茶色になったら怪しい、と。これ、超お安い。Amazonで3ドルしません。普通の日本のボールペンより安いよ。これでわかちゃっていいの?でも、確かに、小銭で払うお店とかではこの手のペンでよくチェックしてるし、「偽札受け取っちゃった」とスーパーのキャッシャーの人たちが話してるのも聞いたことがある。確かに沢山偽札があるのでしょう。

なお、米ドルの3分の2は米国外にあるとのことで、(ドルで買い物できちゃう国は世界中にある)、アメリカにとって、なかなか偽札の流通を防ぐのは頭の痛そうな問題ではあります。(われながら結構面白い参考過去エントリー;トリビアの泉 日米通貨流通量

(念のため、United States Secret Serviceのサイトによれば、「偽札を受け取ったら警察に通報しろ」、とあります。まぁ、「言ってみただけ」って感じでしょうか。または、偽10万ドル札、とかだったらとりあってくれるのかも。)




記事をブログで読む

トピックス

ランキング

  1. 1

    再々委託も 電通・パソナに疑惑

    田中龍作

  2. 2

    河井夫妻「Xデー」は6月18日か

    五十嵐仁

  3. 3

    米で広がる分断 アジア人も下層

    WEDGE Infinity

  4. 4

    ブルーインパルス 文字を描いた?

    河野太郎

  5. 5

    香港民主化の女神「すごく怖い」

    NEWSポストセブン

  6. 6

    抗体簡易検査は「お金をドブに」

    中村ゆきつぐ

  7. 7

    給付金の再々委託 経産省に疑問

    大串博志

  8. 8

    黒人暴行死と特殊なアメリカ社会

    ヒロ

  9. 9

    よしのり氏 まゆゆは本物だった

    小林よしのり

  10. 10

    コロナの陰で反ワクチン派が台頭

    木村正人

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。