記事

2017年3月期決算 上場企業「役員報酬1億円以上開示企業」調査(6月21日17時現在)

2017年3月期決算の有価証券報告書が順次提出され、6月21日17時時点では232社。このうち、役員報酬1億円以上を受け取った役員の個別開示を行った上場企業は33社(構成比14.2%)で、開示人数は86人だった。

 1億円以上の役員報酬を受け取った86人のうち、2016年3月期決算と2017年3月期決算で、連続して個別開示された役員は58人(構成比67.4%)。新たに開示された役員は28人だった。

 個別開示では、ソフトバンクグループのニケシュ・アローラ前副社長が103億4,600万円と、歴代役員報酬額の最高額を更新した。

 役員報酬1億円以上の開示は、「改正企業内容等の開示に関する内閣府令」に基づき、2010年3月期決算より報酬等の総額、報酬等の種類別(基本報酬・ストックオプション・賞与・退職慰労金等の区分)の総額を有価証券報告書に記載することが義務付けられた。

 ここ数年、業績に連動した報酬体系に移行しつつあり、またストックオプション、株式報酬など非金銭報酬による報酬も目立ってきている。2017年3月期決算では開示の社数・人数とともに上場企業決算の役員報酬へどのように反映されるかが注目される。

【6月21日17時時点集計】
個別報酬額 ソフトバンクグループのニケシュ・アローラ前副社長が103億4,600万円で最高

 6月21日17時現在、有価証券報告書の提出が確認された企業は232社で、このうち、役員報酬1億円以上の個別開示が確認されたのは企業数で33社、人数で86人だった。

 役員報酬最高額はソフトバンクグループのニケシュ・アローラ前副社長の103億4,600万円で、歴代最高額を更新した。次いで、同社のロナルド・フィッシャー取締役副会長が24億2,700万円、ソニーのマイケル・リントン執行役EVPが11億3,600万円。同社の平井一夫代表執行役社長兼CEOが9億5,500万円、ソフトバンクグループの宮内謙代表取締役副社長が6億1,700万円と続く。

 上位10人はソフトバンクグループ(3人)、ソニー(4人)、東京エレクトロン(3人)。
 個別開示で連続して開示された58人のうち、2016年3月期に比べ34人が役員報酬額が増額。また2017年3月期に新たに開示に加わった人数は28人であった。

画像を見る

個別開示人数 ソニーが10人で最多

 6月21日17時現在、役員報酬1億円以上の個別開示を行った企業33社(人数86人)のうち、ソニーが10人(前年3人)で最多。次いで、東京エレクトロンが9人(同11人)、バンダイナムコホールディングス、日立製作所が各7人と続く。複数人の開示を行った企業は17社だった。
 2016年3月期決算と2017年3月期決算で連続して個別開示を行った企業は25社。開示人数が増加したのはソニー、バンダイナムコホールディングス、日立製作所、三井物産の4社、減少は3社、同数は18社だった。

あわせて読みたい

「役員報酬」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ブラタモリに失望 忘れられた志

    メディアゴン

  2. 2

    新しい生活様式嫌がる日本医師会

    御田寺圭

  3. 3

    飲み会の2次会 死語になる可能性

    内藤忍

  4. 4

    官邸前ハンスト 警官と押し問答

    田中龍作

  5. 5

    マイナンバーカードが2ヶ月待ち?

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  6. 6

    立民議員の官僚叩きに批判が殺到

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  7. 7

    任命拒否 学者6名に無礼な菅首相

    メディアゴン

  8. 8

    菅首相が最優先した反対派の黙殺

    内田樹

  9. 9

    日当7万円 公務員と比較したのか

    橋下徹

  10. 10

    元民主・細野氏らデマ拡散へ揶揄

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。