記事

隠居のつぶやき:小沢の役割はもう終わったんじゃないか?

小沢事件。民主党支持者の「検察」批判が目立つ。倫理的にはまったくめちゃくちゃだが、小沢を失脚させてしまうと民主党の「改革」が出来なくなると云う強迫観念からだろう。みんなあまりに「ニワカ政治家」すぎるのじゃないかな〜。悪いものは悪いのである。こういうときは「原点に帰って」考えるべきだ。

「政策目的実現のためには(少々悪辣なことでも)手段を選ぶべきでない」というマキャベリ型の考え方は真理である。でも、小沢の「政策目標」は何だったのか? 「二大政党間での政権交代を可能にするシステムの実現」のための「政治権力の獲得」以外には何も具体的なものはなかった。この目標は既に実現されている以上、小沢の歴史的役割はもう終わったと言っていい。

収賄を立証するには小沢の職務権限から難しいという三百代言的弁護はもうたくさん。ビジネスをしている以上、誰かに商売を潰されてしまうかも知れないというリスクは、多少のお金を払っても回避するべきものなのである。小沢はその企業の「リスク回避本能」をうまく利用し、合法的に国民の税金をピンハネして自分と自分の家族のために蓄財をした。これだけで十分である。小沢がそれで生きてきた田中角栄的「イナカの金持ちに国民のおカネをバラマキ、政治家がその見返りを得る政治」とは、いよいよバイバイする時がきている。ニッポン国民は、それではじめて、戦後の日本を歪めてきたイナカ重視の田中角栄的価値観の呪縛から解放されることが出来るのである。

小沢なしでは参院選に勝てないという。まあ、それもいいではないか。民主党のニッポンが近衛文麿的(旧自民党的)「翼賛政治」になってしまったら、もっと困る。国会が機能しなくなると言うが、バラマキ法案などは成立しない方がよほどニッポンのためだ。

記事をブログで読む

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「芸能改革元年」なるか 公正取引委員会が芸能界を狙い撃ち?

    渡邉裕二

    01月25日 09:01

  2. 2

    米ロ間で緊迫するウクライナと状況が似ている日本 国家戦略が乏しい“平和ボケ”の現状

    宇佐美典也

    01月25日 12:00

  3. 3

    男子高校生に暴行の男は、優先席に寝転んでたばこを吸っていた 父親の怒り

    ABEMA TIMES

    01月25日 09:16

  4. 4

    医療逼迫から社会逼迫 結局柔軟な対応ができない日本という国

    中村ゆきつぐ

    01月25日 09:15

  5. 5

    日本政府は歴史の事実をしっかり世界に説明する勇気と度量を持つべきだ

    深谷隆司

    01月25日 10:29

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。