記事

民訴教材:JASRACに対して債務不存在確認請求

音楽教室側、JASRACを提訴 原告団249社の集団訴訟に

普通、債務不存在確認請求訴訟とは、サラ金から高利で借り入れした債務者が、多額の返済をしてきた結果、利息制限法に引き直して計算すると既に元本も弁済していたのに、なおも債務が残っているとサラ金が取り立てに来る場合に、債務者の側から白黒つける手段だ。

今回、音楽教室相手に著作権料を取り立てようと行動を起こし始めたJASRACに対して、著作権料の支払い義務がないことの確認を求める訴えを提起したのは、極めて効果的だと言える。

リンク先を見る

音楽教育を守る会のウェブサイトでは、同会会員団体249社で原告団を結成ということであり、訴状の概要も公開されている。「訴状の」とあるが、原告団の主張の要旨をわかりやすく書いたものというところである。

フェイスブックページツイッターも駆使しての法廷闘争であり、先行きが気になるところである。

あわせて読みたい

「JASRAC」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    韓国現代自動車はなぜ凋落したか

    ロイター

  2. 2

    自民・後藤田正純氏が結婚詐欺か

    文春オンライン

  3. 3

    徴用工判決で日本「韓国撤退」も

    NEWSポストセブン

  4. 4

    蓮舫氏に答弁 気の毒な桜田大臣

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  5. 5

    スーツ買えぬ若者に企業は配慮を

    工藤啓

  6. 6

    BTSファン 彼らは反日じゃない

    キャリコネニュース

  7. 7

    橋下氏「徴用工で負けるリスク」

    PRESIDENT Online

  8. 8

    徴用工判決で世界の信用失う韓国

    NEWSポストセブン

  9. 9

    川上量生氏からの「抗議」に反論

    やまもといちろう

  10. 10

    徴用工問題 北の主張軽視するな

    高英起

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。