記事

「築地は守る、豊洲は生かす」小池都知事が豊洲移転を正式表明

THE PAGE

東京都の小池百合子知事が20日午後に行われた記者会見で、かねてから注目されていた市場移転問題について説明を行った。

小池知事は会見で「私は築地市場の再開発を含めます市場の新たなプランについて、都の職員の方にまとめるように指示をいたしたところにございます」と述べ、築地市場を再開発する方針を発表。今後も「築地ブランドを育てていくために応急手当ではない、しっかりとした手を打たなければならない」と自身の考えを説明した。

小池氏は、こうした判断に至った理由については「2つある」とし、その一つに将来世代へのツケを挙げた。具体的には以下のように述べた。

小池都知事:これまでの都政において築地市場を売却をして費用を穴埋めをするという計画はありましたけれども、移転後に毎年生じる年間100億円近い赤字にどう対応していくのか。そして、先の話ではありますが、やがて豊洲が老朽化して更新するときの費用をどうするのか。

こういった点が、まだよく吟味されていなかったように思います。いわば「今を生きる人たち」を見ているものの、累積する赤字という負の遺産に向き合うことに将来なってしまう。子供や孫達に、将来の責任、後世のツケに真正面から応えられるような計画がなかったのではないかと。このように考えるからであります。

また、もう一つの理由として「世界に誇る築地ブランドを守っていく必要がある」と指摘した上で下記のように述べた。

小池都知事:これから日本一の世界に誇る、築地ブランドからの食に魂をこめまして、この築地を再開発をするという基本方針を判断するに至ったことでございます。

なお、小池都知事が示した3つの基本方針は下記の通りとなっている。

小池都知事が示した3つの基本方針

1. 築地市場を5年後を目途に再開発する。環状2号線は五輪前に開通させ、当面、五輪用デポ(輸送拠点)として活用。その後、「食のテーマパーク」機能を有する新たな場として東京を牽引する一大拠点とする。

2. 豊洲市場は、冷凍冷蔵・物流・加工機能を強化し、将来にわたる総合物流拠点にする。

3. 築地の再開発および豊洲市場利用の具体案を、事業者および都民とのオープンな場を設け、広く情報公開しながら検討する。東京都は業者の皆さま、都民の皆さまからの失った信頼を回復するよう徹底的に努力する。

あわせて読みたい

「築地市場移転問題」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    組事務所は禁煙 変化するヤクザ

    BLOGOS編集部

  2. 2

    徴用工めぐり文大統領が無能発言

    木走正水(きばしりまさみず)

  3. 3

    紀平梨花 練習のため親が家売却

    NEWSポストセブン

  4. 4

    花田優一氏が離婚 元義父は激怒

    女性自身

  5. 5

    カナダは中国の圧力に耐えうるか

    奥山真司

  6. 6

    黒木華を監督が両断「ヘタクソ」

    BLOGOS編集部

  7. 7

    J&J株 ベビーパウダー報道で急落

    ロイター

  8. 8

    現役医師「妊婦加算の何が悪い」

    中村ゆきつぐ

  9. 9

    立民 安倍政権は沖縄の情がない

    立憲民主党

  10. 10

    仏デモ 最低賃金上昇は焼石に水

    田中龍作

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。