記事

安倍氏の会見が酷すぎる 説明責任を果たすというのなら閉会中審査に応じて下さい

 安倍政権の支持率、自民党支持率が急落する中で、安倍氏は危機感を抱いたのか、記者会見を行っています。

 しかし、そこでの発言はあまりに酷すぎ、野党の挑発に乗ってしまった自分を反省しようというレベルのもので、何が疑惑として国民が不信の目を向けているのか、そこからはっきりと、そらそうとしていることが見え見えです。

首相「国民に説明」具体性なく 森友・加計・「共謀罪」」(朝日新聞2017年6月19日)
「野党への反論など自らの国会対応を取り上げて「政策論争以外の話を盛り上げてしまった。深く反省する」と語った。「指摘があればその都度、説明責任を果たす」とも述べたが、具体的にどう国民に説明するかは明らかにしなかった。」

 説明責任を果たすというのであれば、安倍自民党は閉会中審査を実施すべきです。

 納得のできる説明をするまで説明すべきです。

 安倍氏は、このように述べています。
「安倍総理大臣は、文部科学省や内閣府での関連文書の追加調査をめぐって、「最初に調査した段階では、それらの存在を確認できなかった。二転三転した形となり、長い時間がかかることとなった。国民の政府への不信を招いたことは率直に認めなければならない」と述べました。そのうえで、安倍総理大臣は「『信なくば立たず』だ。何か指摘があれば、そのつど真摯(しんし)に説明責任を果たしていく。国民から信頼が得られるように、冷静に、一つ一つ、丁寧に説明する努力を積み重ねていかなければならないという決意を新たにしている」と述べました。」(NHK2017年6月19日

 1つ1つ説明するというのであれば、その記者会見の場でも説明できたはずです。

 まず、何故、「最初に調査した段階では、それらの存在を確認できなかった」のは何故ですか。

 誰もが疑問に思っています。前川前事務次官やら現職の文科省職員があったという証言が出てきていましたが、これだけ簡単な調査が何故、最初の段階で出来なかったのか、答える責任があります。

 調査担当者は誰ですか。その調査担当者にどのように指示したのですか。

 安倍氏が答えるべき質問事項はたくさん、あります。

 これを順次、答えていったら、加計氏との蜜月の関係だから有利に取りはからったということがわかってしまいますから、一切の答弁を拒否するのでしょう。

 この写真をみて疑問に思わない人はいません。

[画像をブログで見る]

 「冷静に、一つ一つ、丁寧に説明する努力を積み重ねていかなければならないという決意を新たにしている」ということですが、これまでのその「努力」を拒否しておきながら、支持率が下がるや「決意」などと随分とふてぶてしい決意です。

 それにしても安倍氏は「印象操作」という言葉が大好きのようですが、「印象操作」くらいで政権がぐらつくようでは、真っ黒と認めたようなものです。未だに「印象操作」などと言っているのですから、安倍自民党には政権担当能力はありません。

 本気で、これだけを繰り返せば何とかなると思っているところが、安倍氏の怖いところです。

 そして、何とか規制緩和論で逃げ切りを図ろうというのも見え見えです。
「安倍総理大臣は国家戦略特区での獣医学部新設について、「獣医学部は、この50年以上、新設が全く認められてこなかった。しかし今、専門家の育成、公務員獣医師の確保は喫緊の課題であり、そうした時代のニーズに応える規制改革は、『行政をゆがめる』のではなく、『ゆがんだ行政を正す』ものだ」と述べました。そして安倍総理大臣は、「透明で公平公正なプロセスこそが、既得権でがんじがらめとなった岩盤規制を打ち破る大きな力となる。これが国家戦略特区だ。岩盤規制の改革には抵抗勢力が必ず存在するが、私は絶対に屈しない。今後とも先頭に立ち、ドリルのやいばとなってあらゆる岩盤規制を打ち破っていく決意だ」と述べました。」(前掲NHK)

 そもそも何故、公務員獣医師が確保できていないのか、説明できますか。

 獣医師の数が足りないからですか。安倍氏ならば、単純にそのように答えるのかもしれません。「足りない」とだけ繰り返せば「無敵」です。

 しかし、明らかに獣医師の偏在の問題です。公務員獣医師が求められる水準は非常にレベルが高く、それに見合う処遇がなければ、なり手などないのは常識です。

加計学園問題 獣医師は不足している? 加計学園の獣医学部新設は質の低下と混乱だけをもたらす

 しかも驚くことに安倍氏の口から、「透明で公平公正なプロセスこそが、既得権でがんじがらめとなった岩盤規制を打ち破る大きな力」という言葉が出てくるのでしょう。公平公正かどうかは文科省に対して、加計学園が有利になるような前提条件を付させたのかどうか、これが問われているのに、そこは絶対に答えないという姿勢です。

 しかも獣医師総数に不足はないのですから、岩盤をこじ開けようとしたのは、まさに加計孝太郎氏のためです。獣医学部であれば、まだ学生は集まるだろうという発想の元に、獣医学部新設を欲したのが加計学園側であり、そこに理念など最初からありません。

獣医学部新設はトップダウン? 加計理事長に内部批判も」(朝日新聞2017年6月19日)
「「総理のご意向」をめぐる文書疑惑に揺れる、学校法人「加計(かけ)学園」(岡山市)の獣医学部新設計画。多くの謎を残したまま国会は閉じたが、学園内にも「経営は成り立つのか」「トップダウンだ」と不安や批判の声が上がる。」

 野党4党は、ここで追求の手を緩めないでください。

 安倍氏が閉会中審査を拒否するなら臨時総会の開催請求をしてください。

あわせて読みたい

「安倍晋三」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    少年マガジンからグラビア奪うな

    倉持由香

  2. 2

    米国識者 GSOMIA破棄は「自害」

    高英起

  3. 3

    英軍の靖国参拝めぐる右派の誤解

    清 義明

  4. 4

    千葉悩ます倒木処理 識者が助言

    田中淳夫

  5. 5

    大谷がヒザ手術 二刀流は無理か

    幻冬舎plus

  6. 6

    前環境相「真意伝わっていない」

    原田義昭

  7. 7

    千葉のゴルフ場を悪者にする謎

    かさこ

  8. 8

    韓国政府の日本語サイトに苦言

    AbemaTIMES

  9. 9

    山本太郎氏を直撃 極左との関係

    文春オンライン

  10. 10

    議論から逃げる日本のリベラル

    青山まさゆき

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。