記事

テスラEVの死亡事故、警告メッセージが複数回表示=米当局

[ワシントン 19日 ロイター] - 昨年5月に米フロリダ州で米電気自動車(EV)大手テスラ・モーターズ<TSLA.O>のEVが運転支援ソフト「オートパイロット」を使用中に事故を起こし、ドライバーが死亡した問題で、米運輸安全委員会(NTSB)は19日、ドライバーは自動警報が繰り返されたにもかかわらず、しばらくの間、ハンドル操作をしていなかったと発表した。

NTSBの500ページにわたる調査報告によると、死亡したドライバーは37分間の走行中、ハンドル操作が必要だった時間のうち、25秒しか握っていなかったと結論付けた。

また走行中のほとんどの時間がオートパイロットモードのままで、「ハンドルを握ってください」という警告メッセージが7回表示され、そのうち6回は1─3秒間の警告音が鳴ったとした。

NTSBは安全勧告は出すが、リコールを求めることはできない。

テスラの広報担当、キーリー・サルピチオ氏はNTSBの報告書に対するコメントを避けた。死亡したドライバーの家族の弁護士にコメントを求めたが、返答はなかった。

あわせて読みたい

「EV」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ブラタモリに失望 忘れられた志

    メディアゴン

  2. 2

    立民議員の官僚叩きに批判が殺到

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  3. 3

    上野千鶴子氏 任命拒否に危機感

    女性自身

  4. 4

    任命拒否 学者6名に無礼な菅首相

    メディアゴン

  5. 5

    日当7万円 公務員と比較したのか

    橋下徹

  6. 6

    机叩き…橋下氏語る菅首相の会食

    ABEMA TIMES

  7. 7

    元民主・細野氏らデマ拡散へ揶揄

    文春オンライン

  8. 8

    国に従わず支援求める朝鮮学校

    赤池 まさあき

  9. 9

    高級車雨ざらし カーシェア破産

    SmartFLASH

  10. 10

    官邸前ハンスト 警官と押し問答

    田中龍作

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。