記事

橋下徹大阪知事の人気が高い理由がわかった

 香川大学でのシンポジウムに出席する途次ひさしぶりに大阪に立ち寄った。

 その時乗ったタクシーの運転手と言葉を交わす機会があった。

 相変わらず不景気でタクシーの客は減ったままだ、中東情勢の影響でまた原油が値上がりするらしい、そういえば民主党はガソリン減税をやるといっていたけどどうなってしまったのか、政治家はどいつもこいつも口先ばかりや、という話を立て続けにその運転手は話した。

 私がなるほどと思ったのは橋下大阪知事に話しが及んだときだ。

 橋下知事の人気は大阪ではまだ高いのですかとたずねた私にその運転手は即座に答えた。

 高い、と。なぜなら彼は我々の考えていることを代わって言ってくれているからだという。

 私は知らなかったのだが、運転手はその一つの例として最近彼が話した次のような言葉を聞かせて見せた。

 つまり政治家や評論家は予算を通せ、予算関連法案が通らないと大変なことになる、と騒ぐが、予算なんか通らなくていい。一度そこまで混乱してみたほうがいい。その時初めて皆が気がつく。重要なものから予算を使っていけばいい、予算のもとは税金だ、その税金を我々が必要なものから順番に使えばいいだけの話だ、大騒ぎすることはない。今まで政治家が勝手に予算を決めてきた。それが出来ないからといって騒ぐのは政治家の都合だ。予算は我々のものだ、と。

 橋下氏がどのような言葉で話したのか私は知らない。その運転手が言おうとしていたことを私は正確に理解できたのかどうかもわからない。

 しかし間違いなくその運転手はそのような事を言っていた。

 そして運転手は最後に、政治家は多すぎる。政治家なんて要らない、と声高に言っていた。

 考えてみればこの運転手の言葉は、菅政権を擁護する今の大手メディアに対する痛烈な批判でもある。

 予算が成立しなければ一番困るのは国民だ。国民第一というのなら解散・総選挙を求める暇はない。与野党協力して予算を通すことだ。

 このような論調が最近やたらに新聞に目立つ。

 しかしこの運転手は、それは恫喝だ、俺たちはそんなことでおどろかないぞ、どうせお前らに俺たちの生活は救えない、俺たちに、俺たちが納めた税金を使わせてくれたらいいのだ、俺たちの気持ちを一番理解する政治家がそれをやってくれればいいのだ、そういう政治家を探せばいいのだ、

 私にはそう聞こえたのである。

 考えてみれば今中東で起きていることの根底にあるのも、自分たちの国は自分たちで動かす、その自覚に目覚めたことではないのか。

 国民が今一番求めているのは既存の政治の根本的変革なのである。

 ちなみにこの運転手はいますぐ解散総選挙をやれといっていた。何度でも選挙をしてやる、いい首相が現れるまでいくら首相が代わっても結構だ、それでいい首相がみつかるなら、それまでいくら代わっても何の問題もない、と言っていた。

トピックス

ランキング

  1. 1

    橋下氏 任命拒否の教授らに苦言

    橋下徹

  2. 2

    田原氏 野党は安易な反対やめよ

    たかまつなな

  3. 3

    iPhone12かProか...売り場で苦悩

    常見陽平

  4. 4

    コロナ巡るデマ報道を医師が指摘

    名月論

  5. 5

    コロナ禍も国内工場は異常な強さ

    PRESIDENT Online

  6. 6

    学術会議に深入りしない河野大臣

    早川忠孝

  7. 7

    感染リスク高い5つの場面に注意

    赤池 まさあき

  8. 8

    数字を捏造 都構想反対派の欺瞞

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  9. 9

    トランプ氏 逆転攻撃はほぼ不発

    WEDGE Infinity

  10. 10

    学生転落 巻き添えの女性が死亡

    ABEMA TIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。