記事

中国で「貧困女性による卵子の闇販売」が社会問題に

 若い女性の貧困問題は、中国でも問題視されているようだ。現地の情勢に詳しい拓殖大学海外事情研究所教授の富坂聰氏がレポートする。

 * * *
 中国で人気のコミュニケーションツールとして知られる「QQ」。そのなかで行われた一人の新聞記者と23歳の女性とのやり取りが話題となっている。

女性:痛い。取り出した後は虚脱状態。もう手術台からおりこともできない。

記者:そんな、大袈裟な……。だって、医者が施術したんでしょう?

女性:検査した医者が手術したの。病院じゃないって。

 日時は今年の3月2日、記者は『看看新聞』の記者で、女性は卵子の摘出手術を行った23歳の女性だ。

 記者がこの女性とQQでやり取りした理由は取材。そのテーマは、違法な卵子売買の実態であった。上記の女性は、実際に卵子を売った当事者である。

 記事は3月29日付で発表されているが、そのタイトルは〈金に困った女性が卵子の闇販売を行う 数秒間で20個の卵子を売り報酬は2万5000元(約40万5000円)〉だった。

 中国の一部ではいま、こうした闇ビジネスが横行しているという話を聞きつけた記者がその実態を調べ、とうとう卵子を売った本人に直撃したという話である。

 女性は1994年生まれで、現在は大学に通っているという。売買にかかわった理由はタイトル通り「生活の困窮」だった。ネットのサイトにいくつもの呼びかけがあり、その一つに応じたという。

 タイトルでは数秒間で大金を手にしたように書かれているが、実際には何度も注射に通わなくてはならず、術後の痛みも酷いと女性は訴えている。

 こうしたビジネスが実際にどのくらい広がっているかは定かではないが、ビジネスとして成立している以上、もはや大きな社会問題であることは想像に難くない。そして、やはり心配されるのが、こうした闇病院での手術では、事故もたくさん起きているのではないかということだ。

あわせて読みたい

「女性の貧困」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    冤罪で21年間を獄中で過ごした青木惠子さん 「娘殺し」の汚名が晴れても国を訴える理由は

    小林ゆうこ

    10月15日 14:36

  2. 2

    モデルナワクチンの若年男性への原則投与中止勧告 日本が有事から平時に移行した証

    中村ゆきつぐ

    10月15日 09:20

  3. 3

    「キレるおっさん」に自分もなっているのではないかという恐怖

    内藤忍

    10月15日 09:35

  4. 4

    「ほとんどが“◯×△”。あれはどうなんだ」古舘伊知郎氏、自民党総裁選の候補者を招いた報道番組に苦言

    ABEMA TIMES

    10月15日 15:30

  5. 5

    小室圭さん、月曜日に秋篠宮ご夫妻に挨拶へ

    ABEMA TIMES

    10月15日 17:30

  6. 6

    「俳優・香川照之の起用は大正解」朝の情報番組でジャニーズを見たくない人はTBSの新番組がいい

    PRESIDENT Online

    10月15日 12:53

  7. 7

    みごとな「安倍路線継承内閣」で、衆議院選は自民議席30減か

    田原総一朗

    10月15日 11:59

  8. 8

    山尾志桜里氏 衆議院解散で議員最後の挨拶「心から感謝」

    山尾志桜里

    10月15日 13:00

  9. 9

    もしかしたら片道切符?!解散時、失職をするのになぜ衆議院は「万歳三唱」をするのか

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    10月15日 10:00

  10. 10

    ドコモ通信障害、サーバー切り替え失敗が発端 影響全国に

    ロイター

    10月15日 16:10

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。