記事

タイガー・ウッズに見る“モテの魔”の恐怖

http://yutori7.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1260934192/l50
↑【ゴルフ】タイガー・ウッズ、人気急落! 支持率85%→33%と大幅に落ち込み、特に女性の評価が厳しく



http://yutori7.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1260780127/l50
↑【ゴルフ】愛人14人のタイガー・ウッズ、エロメール全開!「君の好きなところでF○○K」「あっという間にイカせてみせる」★2



http://yutori7.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1260599754/l50
↑【ゴルフ】タイガー・ウッズに新愛人?今度は40代の熟女で長年にわたり関係



http://yutori7.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1260628934/l50
↑【ゴルフ】性欲旺盛なタイガー・ウッズ、売春婦に530万円以上を支払って連日“隣の女の子”と3Pプレー★2



http://yutori7.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1261004857/l50
↑【ゴルフ】エリン夫人、タイガー・ウッズとの離婚を希望 米報道[09/12/17]



http://yutori7.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1260601289/
↑【芸能】警視庁、携帯メールを完全復元 押尾容疑者丸裸 浮気相手の数がタイガー・ウッズに引けを取らないことも明白に



http://yutori7.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1260847916/l50
↑【ゴルフ】尾崎将司が石川遼にアドバイス「女に気をつけろ」…タイガー・ウッズを反面教師に



タイガー・ウッズさんの不倫騒動はますます加熱するばかりであります。昨年の自動車事故がきっかけだったはずですが、なんでそれからプライバシーの暴露話になっていったか、よく覚えていません。しかし、イケメンでお金があって世界的有名人ですから、なにかあればこうなることもあるということで、日頃から身辺には気をつけておきたいものです。まあ、「上半身と下半身は別人格」であるとはいえ、タイガー・ウッズさんくらい「落差」の激しい人もいないかもしれません。押尾学先生の場合、ある意味で上半身と下半身は「一致」していますが。



俺は以前、「モテナイ男のバイブル」とまで一部で言われている本田透君の『電波男』が出て話題になったとき、「本が売れると、モテの魔が忍び寄ってくるぞ。モテてしまったら、本田君の愛読者である喪男たちへの裏切りになってしまうから、気をつけたほうがいい」という趣旨のエントリを、書いたことがありました。



http://takekuma.cocolog-nifty.com/blog/2005/03/post_13.html
http://takekuma.cocolog-nifty.com/blog/2005/03/post_14.html
↑本田透君が心配だ(1)(2)



お節介きわまりないエントリでしたが、それから1年ほど経ったある日、本田透君と話をする機会があり、「その後、どう?」と聞きましたら、本田君は胸を張って「ご安心ください。僕はまだモテていません!」と報告してくださったのでした。



本田透君は無事でしたが、海の向こうのモテ男、タイガー・ウッズさんは、いまや大変なことになっています。やれ愛人が14人だ、3Pやってどうしたこうしたと、マスコミも、不景気を吹き飛ばせとばかりに叩きまくっています。イケメンでお金があって、世界的な成功者なんてのはそう数がいませんから、世の男性の8割5分くらい占めるであろう非モテの怨念を一心に集めたサンドバッグになっています。こうなってしまうと、どんな人生相談の名手でもお手上げでしょう。



タイガーさんは現在、スポンサーが次々と降板してしまい、エリン夫人との離婚も秒読みと囁かれ、本人も無期限の謹慎を発表したばかりです。ウッズさんは、これからどうすればいいのでしょうか。



俺は思うのですが、夫人との離婚は避けられないと思います。ゴルフに復帰するメドも立たず、まさに人生のドン底ですが、ドン底にいればこそ、浮かび上がる目は必ずあると思います。株式と同じで、底を打った瞬間こそ「買い」の好機。むしろ、自ら底に降りたって復帰のチャンスをつかむべきでしょう。



こういうとき、先人の経験が参考になります。我が国には、かつて「女体千人切り」の異名をもった豪傑が何人がいました。中でも有名なのは、『鞍馬天狗』を演じた戦前の大スター・嵐寛寿郎(アラカン)であります。



http://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=%E5%B5%90%E5%AF%9B%E5%AF%BF%E9%83%8E&oldid=29427890
↑Wikipedia 嵐寛寿郎



アラカンさんは、何しろ日本映画伝説の大スターですから、モテたなんてものではなく、おそらくタイガー・ウッズの256倍くらいはモテたはずです。役者がモテて愛人と浮き名を流すなんて珍しくもないですが、アラカンの偉大なところは、別れ方が綺麗、かつ豪快であったところです。モテる男性の価値は、モテ方にあるのではなく別れ方にこそあるのだと、俺はアラカン先生の伝記を読んで知りました。竹中労のインタビュー本の名著『鞍馬天狗のおじさんは』をぜひ、タイガー・ウッズさんにも読んでいただきたいと思います。



アラカンさんは生前、無数の女性とつきあって浮き名を流しましたが、ただの一度も、別れるにあたってトラブルになったことがないそうです。なぜかというと、アラカンさんは



女性と別れるたびに土地屋敷・家財道具・貯金通帳と印鑑を含めた全財産を相手にあげてしまう



からで、その都度、無一文になって安アパートに転居し、電車で撮影所に通勤するなど、裸一貫で出直すことが常であったといいます。どうせ一年もすればまたお屋敷住まいに復帰できる大スターとはいえ、なかなかできることではありません。



タイガー・ウッズさんにおかれましては、日本円にして350億とも言われる獲得賞金を、半分とは言わず、気前よく全額エリン夫人に渡してしまって、裸一貫でダウンタウンの安アパートに引っ越し、ゴミだらけのスラム街の路地で住民の子供にゴルフを教えたらいいと思います。「あのウッズが、こんなところで」とニュースが全世界に配信されて、「反省もしてるし、結構いい奴じゃないか」と株が上がるのではないかと思います。



押尾学先生にも、アラカンの爪の垢を煎じて飲んでいただきたいものです。





記事をブログで読む

トピックス

ランキング

  1. 1

    尾身氏「緊急宣言のときと違う」

    BLOGOS しらべる部

  2. 2

    GoTo批判派に「楽なポジション」

    やまもといちろう

  3. 3

    やる気ない安倍政権に怒る尾身氏

    メディアゴン

  4. 4

    昭恵氏が自殺職員妻に送ったLINE

    文春オンライン

  5. 5

    ワークマン 陳列変え2倍売る秘策

    fujipon

  6. 6

    AV女優が避けられぬ「家族バレ」

    SmartFLASH

  7. 7

    ハイターで消毒…教師たちの悲鳴

    鈴木博喜 (「民の声新聞」発行人)

  8. 8

    感染爆発ならGoToは世紀の愚策に

    木走正水(きばしりまさみず)

  9. 9

    新型EV「アリア」は日産を救うか

    片山 修

  10. 10

    中国の弾圧を見逃す感覚は捨てよ

    倉本圭造

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。