記事

「この国会を一言で振り返ると総理のご意向国会だ」山井国対委員長記者会見

 山井和則国会対策委員長は16日、定例の記者会見を国会内で開いた。

 この中で山井国対委員長は、同日が事実上の通常国会最終日ということもあり、今国会を振り返っての感想を述べ、「この国会を一言で振り返ると総理のご意向国会だ」と断じた。その理由として、加計学園の問題で追及を逃れるために国会を延長しなかったこと、共謀罪法案(組織犯罪処罰法改正案)が中間報告という異例の方法で強行採決されたことを挙げ、「このすべてに通ずるのが総理のご意向。安倍1強政治の本質は、総理のご意向ですべてが乱暴に決められてしまう。加計学園も森友も国会の会議も共謀罪も採決の仕方もすべては総理のご意向。国会がそうであってはならない。国会は本来、国民の皆さまのご意向によって議論し、結論を出すものだ」と安倍総理主導の国会運営となっている現状を危惧した。

 同日の衆院本会議は欠席するのかと問われると、「残念ながらそういうことになる」と述べ、「国民への説明責任を果たさぬまま逃げ切るかのように国会を閉じる、この強引な国会運営には協力することはできない」と語った。

 自民党の高村副総裁が加計学園問題に関する野党の追及について、「げすの勘繰り」と批判したとされることについては、「全く的外れ。野党が不審に思っているだけではない。国民が不審に思っている。『げすの勘繰り』というのであれば、野党のみならず国民に対して大変失礼な発言。撤回すべきだ」と不適切な発言の撤回を求めた。

 内閣府が16日朝、加計学園に関わる内部文書の調査結果を報告し、「官邸の最高レベルが言っている」などの発言をした認識はないと、報告が文部科学省の発表とは食い違っていることについては、「食い違っているということはどちらかがうそをついている。私は、文科省がうそをつく理由はないのではないかと思う。真相究明をしっかりすべきだと思うし、おまけに最終日の国会閉会する際に内閣府がそういう自分たちは関係ないというような調査結果を出すこと自体、うそをついていますという以外の何物でもない」と内閣府の報告内容に疑問を呈した。

民進党広報局

あわせて読みたい

「共謀罪」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    羽田で4人感染 ブラジルから到着

    ABEMA TIMES

  2. 2

    森法相の国会答弁ねじ曲げに呆れ

    大串博志

  3. 3

    アビガン承認煽る声に医師が苦言

    中村ゆきつぐ

  4. 4

    米の人工呼吸器 購入約束に呆れ

    青山まさゆき

  5. 5

    アベノマスクが唯一果たした役割

    田嶋要

  6. 6

    処分軽い黒川氏 裏に記者クラブ

    田中龍作

  7. 7

    国難に際して非協力的な日本企業

    篠原孝

  8. 8

    首相を猛批判 小泉今日子に変化?

    女性自身

  9. 9

    賭け麻雀苦言の労連トップが朝日

    和田政宗

  10. 10

    パチンコ店団体の執行部総辞職へ

    東京商工リサーチ(TSR)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。