記事

「この国会を一言で振り返ると総理のご意向国会だ」山井国対委員長記者会見

 山井和則国会対策委員長は16日、定例の記者会見を国会内で開いた。

 この中で山井国対委員長は、同日が事実上の通常国会最終日ということもあり、今国会を振り返っての感想を述べ、「この国会を一言で振り返ると総理のご意向国会だ」と断じた。その理由として、加計学園の問題で追及を逃れるために国会を延長しなかったこと、共謀罪法案(組織犯罪処罰法改正案)が中間報告という異例の方法で強行採決されたことを挙げ、「このすべてに通ずるのが総理のご意向。安倍1強政治の本質は、総理のご意向ですべてが乱暴に決められてしまう。加計学園も森友も国会の会議も共謀罪も採決の仕方もすべては総理のご意向。国会がそうであってはならない。国会は本来、国民の皆さまのご意向によって議論し、結論を出すものだ」と安倍総理主導の国会運営となっている現状を危惧した。

 同日の衆院本会議は欠席するのかと問われると、「残念ながらそういうことになる」と述べ、「国民への説明責任を果たさぬまま逃げ切るかのように国会を閉じる、この強引な国会運営には協力することはできない」と語った。

 自民党の高村副総裁が加計学園問題に関する野党の追及について、「げすの勘繰り」と批判したとされることについては、「全く的外れ。野党が不審に思っているだけではない。国民が不審に思っている。『げすの勘繰り』というのであれば、野党のみならず国民に対して大変失礼な発言。撤回すべきだ」と不適切な発言の撤回を求めた。

 内閣府が16日朝、加計学園に関わる内部文書の調査結果を報告し、「官邸の最高レベルが言っている」などの発言をした認識はないと、報告が文部科学省の発表とは食い違っていることについては、「食い違っているということはどちらかがうそをついている。私は、文科省がうそをつく理由はないのではないかと思う。真相究明をしっかりすべきだと思うし、おまけに最終日の国会閉会する際に内閣府がそういう自分たちは関係ないというような調査結果を出すこと自体、うそをついていますという以外の何物でもない」と内閣府の報告内容に疑問を呈した。

民進党広報局

あわせて読みたい

「共謀罪」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    安藤美姫が指導者にならない事情

    文春オンライン

  2. 2

    Kokiの大胆写真にキムタクは複雑

    文春オンライン

  3. 3

    緊急事態宣言 段階的解除で調整

    ロイター

  4. 4

    自民議員 病院名の公表に危機感

    船田元

  5. 5

    台湾の自我 中国と関係薄れたか

    ヒロ

  6. 6

    絶望する今の日本を歓迎する人々

    NEWSポストセブン

  7. 7

    菅首相のワクチン推奨は逆効果に

    山崎 毅(食の安全と安心)

  8. 8

    原監督と溝? 桑田氏G復帰に驚き

    WEDGE Infinity

  9. 9

    慰安婦判決 文政権はなぜ弱腰に

    文春オンライン

  10. 10

    家事両立ムリ? テレワークの弊害

    常見陽平

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。