記事

「共謀罪」成立、委員会省略の強行は許せない

参議院は、昨日夜の本会議で、「共謀罪」の趣旨を盛り込んだ「テロ等準備罪」を新設する組織犯罪処罰法改正案について、参院法務委員会の採決を省略するため「中間報告」の手続きをしました。

本来は、委員会で審議をし、採決を経て、本会議での質疑、採決になります。

ところが、自民党が異例の手続きを提案し、公明党とともに今朝15日早朝に、本会議で採決を強行し、法案は成立しました。

これは、特に良識の府ともいわれた参議院の致命傷にもなる、熟議をせず、超強硬手段をとったことになり、自滅行為だと思います。

過去にも、中間報告を委員会採決を省略して行った例はありますが、党議拘束をはずした臓器移植法案や、かなり審議をした後での野党の委員長の下で採決が行えない時などに、例外的に行われました。

今回は、公明党の委員長に強行採決をさせないよう配慮して、という見方もありますが、当初自民党が予定した20時間に審議にも満たない17時間余りの委員会審議で、この暴挙に出たことは、許せないことだと思います。

この「共謀罪」法案は、これまでの刑法の体系を変えて、現場の下見や資金調達などの「準備行為」を処罰する内容です。

対象犯罪が277も必要なのか、警察の裁量であらゆる行為が罪になる可能性がある、テロ対策には適用されない、監視社会になる、などの疑問点が、大臣の資質に欠ける答弁のためもあり、全く解消されず、審議をするほど、疑問が深まるばかりの状態での強行採決です。

加計学園問題を巡っての再調査結果によって、安倍総理が追及される余地をなくすため、会期延長を避けたことが原因とも言われてます。

国会前での抗議の声、長野県でも、松本市、諏訪市、佐久市など各地で抗議の集会が開かれ、多くの声が上がっている中での採決でした。

このまま国会を閉じれば、国民は忘れる、とは思わせないよう、声を上げ続けなければと思います。

あわせて読みたい

「共謀罪」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    山本太郎氏「汚染水の海洋放出は約束を反故にした許し難い暴挙」

    山本太郎

    04月17日 16:35

  2. 2

    「お前を消す方法」でお馴染み!? Windows懐かしのOfficeイルカの現在

    文春オンライン

    04月17日 10:38

  3. 3

    霞ヶ関は人気のない職場……で良いのか

    大串博志

    04月17日 08:09

  4. 4

    マクドナルド、ワタミの取り組みにヒント?正念場を迎える対消費者ビジネス

    大関暁夫

    04月17日 12:37

  5. 5

    特に得点はなかったようだが、何はともあれ目立った失点がなかったのはいいことだろう

    早川忠孝

    04月17日 17:19

  6. 6

    報じられない聖火リレーの真実 大音量のスポンサー車両がズラリ

    NEWSポストセブン

    04月17日 17:06

  7. 7

    「学校は無理に行くところじゃない」と現役教員が思う理由

    不登校新聞

    04月17日 14:49

  8. 8

    被災地で甦った戦火の記憶。「熊本に凱旋」今なお諦めずに…ハリルホジッチ氏独占取材

    塩畑大輔

    04月16日 10:03

  9. 9

    なぜ今なのか-処理水放出と少年法改正

    階猛

    04月17日 09:13

  10. 10

    名ばかりのオリンピックになっても「開催出来れば、それで成功」

    早川忠孝

    04月17日 18:42

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。