記事

憲法改正─党内ですら議論されていない総理提案は改正のための改正だ

憲法9条の現行の第1項、第2項をそのままにして、第3項を新たに加え、自衛隊の存在を憲法上明らかにするという、安倍総理の突然の提案が国会の内外で話題になっています。

まず、蓮舫代表をはじめとする我が党の質問に対して、「あれは、自民党総裁としての発言だから、国会で総理として答弁すべきではない」と述べられているのは、聞いていて恥ずかしくなります。

総理と総裁、立場が違えども、国会において、総理以外の立場での発言・言動についても説明する責任が、安倍さんには当然あります。それを答弁拒否しているというのは、国会審議を通じて国民に説明するという役割を総理自ら否定しているもので、極めて遺憾です。

さて、この発言、大きく言って、問題が3つあります。

第一に、第1項、第2項をそのままにして、第3項に自衛隊の存在を明記するということですが、現在、自衛隊が憲法違反だと言っている政党は、ごく一部に限られます。

もうすでに、自衛隊は自衛のための最小限度の実力組織であり、第2項の「戦力」に該当しないというのが、国会において確立した考えです。

それをあえて、第3項に明記しなければならないという、差し迫った理由はありません。憲法改正という大きなエネルギーを要する作業を、今、行わなければならない理由はないのです。

第二に、従来、国会の憲法調査会・審査会で自民党・公明党の幹部の皆さんが説明してきたように、「憲法改正は、野党第一党の民進党を巻き込んで合意形成し、国民投票にすべきだ」、「数の力で突っ走るというのは良くない」、「野党第一党の民進党が大事だ」というのと矛盾します。憲法について、今まで丁寧に議論してきた、長い国会におけるやり方を全く無視するものです。

第三に、自民党の中ですらほとんど議論されていない、第1項、第2項はそのままで、第3項を加えるという考え方。むしろ自民党の憲法改正草案では、第1項はいいけれども、第2項は改正し、限定のない集団的自衛権の行使ができるように改正すべきだというのが、従来の自民党の主張です。今回の安倍さんの主張は、限定されない集団的自衛権の行使は断念するということなのでしょうか。

結局は、憲法改正という実績をつくりたい。そして、その根本にあるのは、GHQに押し付けられた憲法であり、自分たちの手で、できれば全面的にだが、しかし難しければ、どこでもいいから改正したという実績を作りたいという、総理の誤った思い込みによるものです。

もっと実質的に意味のある憲法改正論議ということであれば、議論する余地はあるかと思いますが、単に改正のための改正というのは論外だと考えています。

あわせて読みたい

「憲法改正」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    1ヶ月の間にミス相次ぐ 朝日新聞に批判の一方、今後に期待の声

    BLOGOS編集部

    09月16日 18:21

  2. 2

    岸田氏が首相になれば真っ向から中国と対立、総裁選の争点になったウイグル人権問題

    木村正人

    09月17日 10:35

  3. 3

    中村格氏が警察庁長官という人事はひどすぎませんか。安倍・菅内閣による検察、警察人事の露骨な恣意性

    猪野 亨

    09月17日 09:07

  4. 4

    毎日使うスマホ機種代をケチる貧乏性。毎日使う重要な道具こそお金をかけるべき!

    かさこ

    09月17日 09:50

  5. 5

    眞子さま、一時金を辞退しても超高級マンションへ 見えてくる「金主」の存在

    NEWSポストセブン

    09月16日 09:07

  6. 6

    親ガチャ大当たりのはずが…東大女子は教室で震えてた。東大卒たちに聞いた「親ガチャ」のリアル

    キャリコネニュース

    09月16日 06:02

  7. 7

    新型コロナの影響で「九九」の勉強がおろそかに 顕在化するコロナ禍の子どもへの影響

    石川奈津美

    09月17日 08:07

  8. 8

    ガンプラ転売屋とのバトル続く 「Hi-νガンダム」の読み方は?とクイズを出して対抗する店舗も

    キャリコネニュース

    09月16日 12:47

  9. 9

    立ち位置を変える中国 共産党の本質へアイデンティティの回帰か

    ヒロ

    09月16日 12:06

  10. 10

    一部のマスコミは、どうしても河野太郎氏を変人・奇人扱いしたいのかな

    早川忠孝

    09月16日 15:03

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。