記事

日本人よ、「びくびく」 生きるのはもうやめよう - 山岸俊男(社会心理学者

1/2

周囲の目を気にし、仲間だけを信頼する社会を
変えるべきときが来ている

日本文化は和の文化である。日本人は和を大切にする。和の心こそが日本人の美徳であり誇りである。昨今テレビや新聞などのメディアを賑わせているテーマの一つが、こうした日本人の和の心礼賛論である。それでは、誰もが当然と思っている日本人の和の心とは何だろう? 日本人が大切にする和とはいったい何を意味しているのだろう?

そこでまず、日本人がほかの国の国民よりも本当に和を大切にしているのかを、筆者たちが世界の21か国で実施した調査で調べてみた。「私はまわりの人との間で和をたもつことを大切にしている(英語では“I value maintaining harmony with others”)」という質問に対してどの程度同意するかを比べてみると、驚くことに日本人の平均は21か国の中で下から4番目、日本人よりも平均が低いのはエストニア、トルコ、韓国だけである。

これは質問の仕方が悪かったのかもしれないと思い、次に、他人の気持ちを大切にするという和の側面を強調した、「まわりの人の気持ちを尊重するようにしている(英語では“I try to respect the feelings of others”)」という質問に対する平均を比べてみたところ、ここでもまた日本人の平均は21か国中の最低である。さらにしつこく「いつもまわりの人の立場にたって物事を考えるようにしている(“I always try to see things from other people's perspectives”)」という質問に対する回答を比べてみても、日本人の平均は下から2番目で、日本人よりも平均が低いのはロシアだけであった。

和の心を、他人の気持ちを慮り、他人の立場に立って協調的な関係を作ろうとする心だとすれば、どうも日本人には和の心が欠けているように思われる。少なくともこの調査に回答をしてくれた日本人は、自分は和の心をもっているとは思っていないようである。

そこで少し見方を変え、和のもう一つの側面である「波風を立てない」ように「まわりに合わせる」という点に目を向けてみた。すると、「まわりの人からきらわれないようにふるまうことがよくある(英語では“I often behave in a way that will keep others from disliking me”)」という質問に対する日本人の平均は上から8番目、「まわりの人が自分をどう思っているかが、つい気になる(“I often find myself being concerned about what others think of me”)」に対する回答の平均は10番目、「まわりの人がどう思うかが気になって、自分のしたいことをそのままできないことがある(“I sometimes get so anxious about what other people might think that I am prevented from doing what I really want to do”)」の平均は7番目で、21か国中の中の上に位置している。ちなみにこれら3つの質問に一貫して高い回答を示しているのは、中国、韓国、インドなどの国々である。

どうやら日本人の和の心とは、他人の気持ちになって互いに協調しあう関係を好むというよりは、まわりからどう思われるかを気にして、まわりとの間で波風を立てないようにビクビクしている気持ちのようである。ただしそうした気持ちも、一人一人が実際にそう思っているというよりは、日本人はそうなのだとみなが思い込んでいるということのようだ。

日本人が知らない協調性

上に紹介した調査の結果は、人に嫌われないよう人目を気にして自分のしたいことを遠慮する生き方が他人との協調につながる、と日本人が考えていることを示しているように思われる。実際、日本人の間では、「まわりの人との間で和をたもつことを大切にしている」という質問と、例えば「まわりの人が自分をどう思っているかが、つい気になる」との間に正の相関関係がみられる。

つまり、まわりからどう思われるかを気にする人が、まわりとの和を大切だと思っている、ということである。これに対して「まわりの人が自分をどう思っているかが、つい気になる」という質問に対する回答の平均が低い国ではこの相関はみられない。逆に、そうした国々では、自己表現を大切にしている程度、例えば「いつも自分の立場をちゃんと主張するようにしている」という質問に対する回答が、「和を大切にしている」という質問に対する回答と強く結びつく傾向にある。他人との間に協調的な関係を築くためには互いの立場をきちんと主張する必要がある、と考えているわけである。

こうした調査の結果を見ると、日本人の美点とされている和を大切にする心とは、まわりの人たちとの間で積極的に協調関係を築いていこうという気持ちというよりは、まわりから嫌われたり波風を立てるのを避けようとする気持ちに近いように思われる。この2つの違いをきちんと理解しておかないと、今後の日本人の生き方、あるいは日本社会の作り方を考えるさいに大きな誤解を生み出してしまうだろう。自己表現と自己主張を通して互いに納得のいくウィン・ウィンの関係を築くことは今後の日本社会と日本人にとってますます大切になると思われるが、まわりから嫌われないよう、波風を立てないようにという生き方は、そうした積極的な協調関係形成の足かせとなるからである。

ここでもう一つ、日本社会についての大きな誤解として、筆者がこれまで指摘してきた一般的信頼の欠如について述べておきたい。もう一昔前になってしまったが、日本経済が高度成長を達成しその後バブルの崩壊に至るまでの間、日本的経営が世界中でもてはやされた時代があった。その時代には、日本社会は信頼社会であり、安定した人間関係の絆が生み出す信頼関係が日本社会、あるいは日本経済の強さを下支えしている、と言われたものである。

しかしこの常識も、実際の調査の結果とは大きく異なっている。例えば世界価値観調査(2005~2014)の結果を見ると、「はじめてあった人を信頼するかどうか」という質問に対して「信頼する」「ある程度は信頼する」という回答を合わせた日本人の回答は8.8パーセントで、この質問が尋ねられた74か国中の下から4番目という驚くべき結果である。日本人の一つの特徴は、知らない人は信頼しないという点にあると言える。

「信頼」と「安心」は違う

日本人の一般的信頼の欠如を説明するために、筆者はこれまで、他人を「信頼」するということと、他人との関係で「安心」していられることは違うのだと主張をしてきた。信頼とは、相手に自分をだますインセンティブがあるにもかかわらず、それでも相手は自分をだますようなことはしないだろうと思う、相手の人間性への期待である。それに対して安心とは、相手に自分をだますインセンティブが存在しない状態を意味している。十分な担保を取った相手には(「信頼して」ではなく)「安心して」お金を貸すことができる。しかし担保が不十分な相手に対してお金を貸すのは、相手の人間性を信頼している場合だけである。

筆者のいう安心社会とは、その中にいる限りはまわりの人たちが信頼出来る人たちかどうかを考える必要のない社会である。そこでは互いに助け合うが、仲間以外の人たちは信頼できない。そういう社会を作ってしまえば、仲間から追い出された人間は途方に暮れてしまうだろう。そうならないためには、まわりの人から嫌われないように、まわりの人たちからどう思われるかを気にして生きていくことが必要となる。

この安心社会は、そこにとどまっている限りは安心できる社会なのだが、実はそこから外れたとき、追い出された時には巨大なリスクを生む社会である。戦後の日本は終身雇用制に代表される安心社会を確立したことで、そこから外れることの社会的リスクが極めて高い環境を作ってしまった。例えば一度、会社を辞めてしまうと再就職が難しい。今の職場を失うとセカンドチャンスがないという意味で、社会的なリスクが極めて高い。こうした安心社会で暮らしている限り、知らない人を信頼し、知らない人との間に積極的に協調関係を作っていこうとするのではなく、安心できる今の場所を失わないようにするため、まわりから嫌われないことを気にするようになるだろう。この意味では、日本人の和とは、安心社会にとどまり、安心社会を維持しようとするメンタリティーなのである。

あわせて読みたい

「日本社会」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ドコモ4割値下げ宣言の裏事情

    大関暁夫

  2. 2

    「性教育役に立たず」18歳の4割

    笹川陽平

  3. 3

    飲食店で汗拭きシートNGのワケ

    東龍

  4. 4

    ソフバン株1億6千万円投資した男

    AbemaTIMES

  5. 5

    炎上収まった杉田論文を再度検証

    宇佐美典也

  6. 6

    花田美恵子さん 13歳年下と再婚

    NEWSポストセブン

  7. 7

    沖縄報道で感じる民主主義の危機

    中田宏

  8. 8

    ヤマトvs佐川 宅配戦争の最前線

    fujipon

  9. 9

    批判多い国民年金 廃止は不可能?

    MAG2 NEWS

  10. 10

    石原氏が怒る自衛隊員軽視に賛意

    中村ゆきつぐ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。