記事

英首相、地域政党と連携協議継続 保守党内はEU離脱巡り穏健派台頭

[ロンドン 14日 ロイター] - メイ英首相率いる保守党は14日、政権維持のため北アイルランドの地域政党、民主統一党(DUP)と閣外協力を巡り協議を続けた。一方、保守党内では欧州連合(EU)との正式な離脱交渉を前に、メイ氏の強硬離脱方針について軌道修正を求める声が上がっている。

保守党は先週の総選挙で過半数割れに陥ったことから、政権崩壊を回避するために10議席を持つDUPの協力を取り付け、議会で法案の可決に必要な326票を確保する必要がある。

メイ氏はこの日、DUPとの協議が続いていると明らかにしたが、ロンドンでの高層マンション火災への対応を優先しているとも述べた。

DUPとの合意は近いとみられるが、メイ氏の党内求心力は弱まっており、同氏のEU離脱方針に疑問の声が上がっている。2人の首相経験者は穏健路線への修正を求めている。

また、英紙タイムズによると、ハモンド財務相は、離脱交渉で英国がEU関税同盟にとどまることを主張する見通し。

ただ、新たにEU離脱担当副大臣に任命されたスティーブ・ベーカー氏はロイターに対し、「修正は見込んでいない」と述べた。

一部の保守党員は企業団体とすべての政党の議員が国家としてのEU離脱方針で合意することを提案している。

それでもなお、保守党議員や党員の多くは依然として強硬離脱に賛成。メイ氏が方針を変更する兆しはこれまでのところないが、同氏はこれまで、党内で幅広い合意を目指すと表明している。

一方、英国との関係を重視する「ユニオニスト」のDUPが政権への影響力を強めれば、英政府の北アイルランド和平の仲介者としての機能が損なわれる可能性があり、アイルランド共和国との統合を望む「ナショナリスト」であるシン・フェイン党から懸念の声が上がっている。

*カテゴリーを追加して再送します。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「2021年になって未だに?」 NHKきっかけに日本のFAX文化が世界に 海外からは驚きの声

    BLOGOS しらべる部

    07月29日 17:14

  2. 2

    都の感染者が3865人のからくり 検査数が増えれば陽性者数も増える

    諌山裕

    07月30日 13:07

  3. 3

    五輪で弁当4000食廃棄にショック 河野大臣も驚きのけぞる

    柚木道義

    07月30日 10:28

  4. 4

    不気味に大人しい小池百合子知事、目線の先にあるものは…?ワクチンの集中要請と追加経済対策を急げ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    07月30日 08:12

  5. 5

    もう、オリンピック・ムードに浸り続けるのは無理なんじゃないかな

    早川忠孝

    07月30日 08:37

  6. 6

    感染爆発の震源地 選手村のPCR検査は極めてズサンだった 

    田中龍作

    07月30日 09:14

  7. 7

    ニュースの見過ぎで疲れた人にすすめたい「ニュース・ダイエット」

    御田寺圭

    07月30日 10:35

  8. 8

    表現の自由を侵害? ネットフリックスなどへの規制に向かうイギリス

    小林恭子

    07月30日 13:34

  9. 9

    「ここまでのコロナ対策が失敗だったと認めた方がよいのではないか」杉尾秀哉議員

    立憲民主党

    07月29日 19:13

  10. 10

    列車内での飲酒について、JR北海道から回答「お客様に強制することは大変難しい」

    猪野 亨

    07月29日 10:28

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。