記事

人に認められなくても腐らない人の"理由"

1/2

小宮コンサルタンツ代表、経営コンサルタント 小宮 一慶

2500年以上も前に書かれたにもかかわらず、いまだに読み継がれている古典『論語』。特に多くのビジネスパーソンが座右の書としている。なぜ人気なのか。そこには現代にも共通する「普遍の真理」がある――。

■会社の人間関係に悩んだら『論語』を読もう

私は寝る前に松下幸之助さんの『道をひらく』(PHP研究所)を読むのを習慣にしていますが、時間のある時はそれとともに『論語』も読み返します。全文の読み下し文を読むこともありますが、だいたいは安岡正篤先生が書かれた『論語の活学』(プレジデント社)を読むことが多いです。

ご存じのように『論語』は2500年以上も前に書かれたもので、孔子やその弟子たちの言葉をまとめた本です。西暦1年以前の書物が今でも多くの人たちに読み継がれているのです。それは、現代にも共通する普遍の真理を持っているからでしょう。

▼孔子にも「人に認めてもらえない」不遇の時代あった

私は、今から30年近く前の銀行員時代に嫌な上司がいて人生に悩んだ時がありました。その際、悩みながらも「嫌な上司だ」と思うのは自分の勝手な判断ではないか、もしくは自分の価値観に何か問題があるかもしれないと思い、「普遍的な価値観」というものを知りたくなりました。仏教書や哲学書など多くの本を読みました。そのときに、最も感銘を受けたのが先述した安岡先生の『論語の活学』でした。

論語の冒頭は、有名な「学びて時にこれを習う、また説(よろこ)ばしからずや」で始まります(学んだことを、時に応じて反復し、理解を深める、これもまた楽しいことではないか)。では、その冒頭文の終わりはどうなっているか知っていますか。

結びは、「人の(己を)知らざるをうらまず、君子なるかな」となっています。「他人が自分のことを十分に知らず認めてもらえないのを恨むことがないのが君子(立派な人物)だ」と述べているのです。

■2500年前からの真理「人を怨んではいけない」

孔子は3000人もの弟子を持つ、とても優れた人物であったと言われていますが、それでも不遇の時代が多く、認められないことも少なくなかったのです。このくだりを読んで、上司との軋轢で消耗していた私の心はたちまち晴れました。孔子でさえもそんな恵まれない時代があったのだから、自分もあって当然だろう、と。

どんなに頑張っても、人に認められないことはよくあることです。世間が十分に自分を評価しないことを嘆きたくなるのは人情です。現代に生きるビジネスパーソンも懸命に働いているのに、身を粉にしているのに、上司や会社から評価されない。そんなふうに感じている人は少なくないでしょう。しかし、そんなときは『論語』を読んでみてください。その冒頭で、何か(誰か)を恨んではいけないということを読者に述べているのです。

あわせて読みたい

「会社」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    河野大臣「ワクチンは十分に足りている」接種状況について説明

    河野太郎

    08月03日 09:13

  2. 2

    在宅勤務で生産性低下した国は日本だけ? 背景に対面コミュニケーション依存の働き方

    非国民通信

    08月02日 15:12

  3. 3

    森林大国ニッポンが木材不足のナゾ ウッドショックは林業に変革をもたらすか

    中川寛子

    08月03日 08:07

  4. 4

    男性視聴者の眼福になっても女子選手が「肌露出多めのユニフォーム」を支持する理由

    PRESIDENT Online

    08月02日 15:27

  5. 5

    この1週間を凌げば、オリンピックが終わります。もうしばらく我慢しましょう

    早川忠孝

    08月02日 14:37

  6. 6

    コロナ軽視派「6月で感染者数減少」予想大ハズレも、重症者数が大事、死亡者数が大事とすり替え

    かさこ

    08月02日 10:29

  7. 7

    何をやっても批判される「老夫婦とロバ状態」の日本

    内藤忍

    08月02日 11:52

  8. 8

    人権尊重、企業は本気か-DHCの不適切文書に批判

    山口利昭

    08月03日 08:42

  9. 9

    来るべき自動車産業戦国時代を勝ち抜ける日本がなぜEVなのか?

    ヒロ

    08月03日 11:52

  10. 10

    世界初の自動運転「レベル3」登場も複雑化する使用条件

    森口将之

    08月03日 10:28

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。