記事

米政府、北朝鮮のサイバー攻撃を非難 今後も警戒必要と呼びかけ

[ワシントン/トロント 13日 ロイター] - 米政府は13日、2009年以降の度重なるサイバー攻撃に北朝鮮政府が関わったとして名指しで非難するとともに、今後さらなる攻撃が見込まれるとの警告を発した。

国土安全保障省と連邦捜査局(FBI)は共同で報告書を発表し、北朝鮮政府のサイバー集団を「ヒドゥン・コブラ」と名付けた上で、この集団が米国と世界のメディアや航空宇宙業界、金融業界、重要インフラにサイバー攻撃を仕掛けたと指摘した。

報告書によると、ヒドゥン・コブラはこれまで、民間の専門家によって「ラザルス・グループ」、「平和の守護神」と呼ばれていた。このサイバー集団は2014年のソニー・ピクチャーズエンタテインメントに対するサイバー攻撃に関与したとされる。

報告書はヒドゥン・コブラによる具体的な被害については言及していない。幅広い対象に侵入し、データを盗んだり、破壊的な影響をもたらしたりしたと説明した。

その上で、「アドビ・フラッシュ」と「マイクロソフト・シルバーライト」の現行バージョンを更新、もしくは、可能ならばこれらのアプリケーションをアンインストールするよう呼びかけた。

マイクロソフト<MSFT.O>は電子メールで、シルバーライトの問題については2016年1月のソフトウエア更新で「対処した」と説明。アドビ・システムズ<ADBE.O>は電子メールで、ソフトウエアのぜい弱性を16年6月に解決したとした。

北朝鮮の国連代表部からは今のところコメントを得られていない。

あわせて読みたい

「サイバー攻撃」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    石破氏 コロナ報道に強い違和感

    石破茂

  2. 2

    雇用保険を否定? 厚労省の暴言

    田中龍作

  3. 3

    ワクチン接種した日本人の感想は

    木村正人

  4. 4

    「もう終わりだ」Qアノンの落胆

    Rolling Stone Japan

  5. 5

    菅政権が見落とした学者の二面性

    内田樹

  6. 6

    京都市財政難 寺社の協力不可欠

    川北英隆

  7. 7

    極限の克行氏 真相供述で逆転か

    郷原信郎

  8. 8

    伊藤忠変えた利益追求のカリスマ

    ヒロ

  9. 9

    不安煽るワクチン報道に医師呆れ

    中村ゆきつぐ

  10. 10

    なぜ国会議員は居眠りするのか

    千正康裕

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。