記事

「こんなことやっている場合か」――自民党議員3人が韓国で入国拒否

リンク先を見る

日本人観光客から「こんなことやっている場合か」というヤジも飛んだ。(提供/AP・AFLO)


 日韓両国が領有権を主張する竹島(韓国名・独島)北西の鬱陵島を視察する目的で、自民党所属の国会議員三人が八月一日、ソウルの金浦空港に降り立った。だが、迎えたのは、数百人のデモ隊による抗議のシュプレヒコール。三人は韓国政府によって入国不許可となり、強制的に帰国させられる異例の事態となった。


 鬱陵島を視察しようとしたのは、自民党の新藤義孝、稲田朋美両衆院議員と佐藤正久参院議員。竹島を「固有の領土」として実効支配する韓国では、七月に視察計画が発表された段階から市民団体などが強く反発。混乱を懸念した韓国政府は、新藤議員ら三人を出入国管理法の「公共の安全を害する行動を起こす恐れがある」ケースに該当すると判断し、入国不許可に踏み切った。


 金浦空港に到着した新藤議員らは、入国審査前に空港職員によって別室に案内され、入国不許可を伝えられた。だが、受け入れられないとする新藤議員らは、根拠の提示などを求めて約九時間にわたって別室にとどまることとなり、最終便で帰国した。


 韓国紙は、佐藤氏が韓国併合を正当化したり、稲田氏が靖国神社参拝に積極的な姿勢などを取り上げ「右翼的政治家」と批判。渡航前から、韓国政府は「(三人の)入国許可は一〇〇%有り得ない」(外交通商省当局者)と強い姿勢で臨むことを示していた。一方で、日本政府も入国不許可に抗議するなど、日韓の外交摩擦に発展する様相を見せた。


 韓国では八月一二日から国会の委員会が竹島で会合を開く予定で、三人の国会議員はそれを牽制する意図があったと思われる。だが、日韓両政府に共通していたのは「これ以上、事を荒立てたくない」との思いだ。日本側は「北朝鮮問題を抱える以上、韓国との連携が重要」(外務省筋)とし、韓国側も「不毛な論争は無意味」と切り捨てる。


 韓国政府当局者は「ひと昔前の自民党ならこうした議員の行動を許さなかったはず」と嘆いた。


(北方農夫人・ジャーナリスト、8月5日号)


トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    張本勲氏のサンデーモーニング卒業「喝!」を入れ続けたハリーにあっぱれ!

    中川 淳一郎

    12月06日 10:40

  2. 2

    「もうやめました」パチンコ店に突撃した自粛警察が語る現在の心境

    石戸 諭

    12月06日 12:15

  3. 3

    「コールでも回し飲みでもない」保健所が見落としていた歌舞伎町の"本当の感染経路"

    PRESIDENT Online

    12月06日 15:53

  4. 4

    今年の目玉はマツケンサンバ!? NHK紅白歌合戦に漂う「終焉」の空気

    渡邉裕二

    12月07日 09:02

  5. 5

    ふるさと納税を毎年続けるのは「罪深い」行為?

    内藤忍

    12月06日 13:01

  6. 6

    新型コロナ下の報道と衆議院選の結果から見えた日本のマスコミの限界 - 佐藤敏信

    先見創意の会

    12月07日 09:23

  7. 7

    「オミクロン株」を語るのは時期尚早 医者の矛盾した発言に違和感

    自由人

    12月06日 09:32

  8. 8

    『テレビ千鳥』料理企画に仕掛けた“美味しさで包んだ悪意”

    いいんちょ

    12月06日 10:02

  9. 9

    「街の書店が消えてゆく」…書店をめぐる状況は今、とても深刻だ

    篠田博之

    12月06日 09:54

  10. 10

    久しぶりに『週刊さんまとマツコ』をみて驚いたワケ。

    メディアゴン

    12月07日 11:44

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。