記事

ルポ : 百田尚樹講演会中止騒動の真相 …「言論の自由」をめぐる論争から私たちは何を学ぶか

1/3

画像を見る

一橋大学の学園祭「KODAIRA祭」で予定されていた百田尚樹氏の講演会が中止になった騒動が議論を呼んでいる。

サンケイ新聞の報道によると、以下のとおりの事態のようだ。

百田氏によると、昨年12月ごろに学生側から講演の依頼があり、それを受諾。ところが、「今年2月ごろから、一部の団体からの講演中止要請が繰り返し実行委に寄せられていたと聞いた」(百田氏)という。

その結果、実行委は今月2日、ツイッターなどで講演の中止を発表。中止の理由について実行委は公式サイトで、「講演会を安全に実施するため、厳重な警備体制を用意していた。しかし、あまりにも大きくなりすぎ、いくつもの企画が犠牲になった。『新入生の歓迎』という本来の理念に沿うものでなくなってしまった」などと説明している

百田尚樹氏講演中止問題

この報道をよく読んでみると、百田氏の言い分がそのまま掲載されているだけで、残りはネット上の一橋大学のこの百田尚樹講演会の主催者であるKODAIRA祭実行委員会の公式発表をソースとしているだけなのだが、この中止騒動の顛末、本当にこのとおりなのだろうか。

百田氏は、このあと、「百田尚樹独占手記、講演会中止騒動の全内幕」と題して、自ら書き下ろして内情を伝えているが、そこでは、「プロの活動家」による「言論の自由」を阻害する「言論弾圧」があったかのような書きぶりである。

リンク先を見る

百田氏といえば、タレントのやしきたかじんさんを書いたノンフィクション『殉愛』で、未亡人の言い分を書いたことにより、やしきたかじんさんの晩年の「全内幕」が、あまりにも一方的で、虚飾とデタラメなのではないかと、やしきたかじんさんの近親者や親しい人たちから強く批判を受けている人でもある。なお、これについてやしきたかじんさんの長女は裁判に訴え出て、同著の発行元は330万円の支払いを命じられ敗訴している。(現在、二審も敗訴して上告中)

やしきたかじんさんの歌の歌詞を提供している作詞家の及川眠子氏は、旧知のやしき氏をめぐるこの一件について「なぜウラも取らずに、1人の人間を犯罪者だと決めつける? ノンフィクション作家を名乗るのであれば、きちんと本人に取材すべき。あの本にはそういった『正当性』がまったくない」と厳しく批判していることも付け加えておこう。

そこで、この講演会中止騒動に関わる一橋大学の関係各位に取材を試みて、この講演会中止騒動の全貌についてまとめてみることにした。

結論はこの反対運動は、もともと差別に敏感であった一橋大学が、大学の自治の中で議論し、その結果としてこの講演会が中止になったということである。順を追って見ていきたい。

中止に至る経緯 …学内3つの反対運動

まず、この反対運動がどのような経緯で始まったのかから始めたい。

今年の2月くらいから、百田尚樹講演会の企画の話が学内で浮上し、それに対して学内からそれはどうなのかという声があがり始めた。

この反対運動は主に3つの方向から起きた。ひとつは一橋大学を拠点においた若手研究者・NGOスタッフ・学生の研究団体である「反レイシズム情報センター(ARIC)」(以下、「ARIC」)。そして、学内の院生などを中心として、この問題を差別問題にかかわるものとして集まった「講演会中止を求める一橋生有志の会」。もうひとつは各学部の教員である。

後に、この百田尚樹講演会が実際に開かれた場合、その抗議集会などを行うことを目的に集まった「キャンパス内の差別を考える会」もこの反対運動に加わるが、中止にいたる経緯では、この3つの反対運動が特に学内では進められた。

百田氏はあたかもARICという「プロの活動家」が百田氏の反対運動を行ったかのようにとらえているようだが、これは話が違う。この3つの反対運動は、それぞれ個別に動いており、例えば、学部や学科の教員の集まりでは実際にこの問題が討議されたり、反対を呼びかけていたりしたそうだ。

この中の「講演会中止を求める一橋生有志の会」(以下、「有志の会」)は院生や教員などの連合体で、実はもっとも強硬な反対姿勢を打ち出していたのは百田氏が指摘するARICではなく、この学生と教員の会だ。

百田尚樹氏講演会の中止が必ずしも求められていたわけではない

それぞれの主張の違いをまとめておこう。

もともと、ARICは学内にキャンパス内の反差別規定を活動をしており、今回のイベントも、百田尚樹氏がこの反差別規定に沿って、「差別発言をしない」という確約を取れればOKであるとの主張だった。つまり、このARICはいわば百田氏がルールを守れば問題なしとの見解だったのである。

もうひとつの団体「有志の会」は条件なしで百田尚樹講演会が差別的な発言をしたり、その思想を流布する恐れがあるとして反対。同時に学内での反差別規定をつくるべきだという主張である。

ここでひとつ付け加えておくと、どちらかというと、「有志の会」は、この講演会を許可した学校の責任を追及する方向性が強く、このへんは実は長年引きずってきた、学生自治の問題が絡んでくる。

これに触れるとどうやらかなり複雑な学内の問題に入り込んでしまうようので、ざっと事実だけを書いておくと、学校はこの百田尚樹講演会の問題について、学生が企画・運営したものに介入しないというスタンスをとっているのだが、実はかつて学校は学生が企画した学祭イベントのタレントか何かにクレームをつけて中止に追い込んだことがあり、不介入というのはダブルスタンダードではないかというのが「有志の会」の主張である。そして、こちらも学内における、様々なハラスメント行為としての差別についての規定をつくるべきというのがその主張の根幹である。

なぜ、ここまで一橋大学の学生や教員は差別問題に敏感なのか。これには理由がある。

一橋大学で百田尚樹氏が批判される理由 …国内有数の外国人留学生受け入れ大学

実は一橋大学は日本有数の外国人留学生の受け入れ大学なのである。

その数、2015年度のデータでは732人。全生徒のうちの11%が外国人、大学院にいたっては24%が外国人となるわけだ。

画像を見る
一橋大学広報誌「HQ vol.48 秋号」より

クラスでも学食でもキャンパス内を歩けば、行きかう人の10人に1人は外国人で、もちろん友人や同僚やクラスの仲間にも外国人が多数いるグローバルな環境の一橋大学の学生や教員が、かつて、全くなんの証拠もないのに、とある犯罪の犯人を「在日外国人ではないか」と決めつけた差別発言の当事者である百田尚樹に嫌悪感を示すのは至って当たり前のことではないのだろうか。

さらにこれが院生となるとさらに国際化が進み、1/4は外国人となるのだから、院生がこの運動の中心になっているところもわかる話である。なお、反レイシズムの取り組みが進む欧州であれば百田氏の「犯罪者=外国人」という発言は訴追されても当たり前の発言でもある。

これについては、一橋大学の学部協議会(通常の大学では「自治会」にあたる組織)がとった緊急アンケートが、それを裏付けている。これによると院生ではなく、一橋大学の学部生の55%はこの講演会を「適切ではない」と判断していることがわかる。

画像を見る
KODAIRA祭の百田尚樹講演会アンケート結果報告」より

この反対運動は結局は学校側が仲介する形式で、反対派と学園祭実行委員会の話しあいに持ち込まれた。それは二回行われている。

そこに中立の立場でオブザーバーとして同席していた人のひとりは、筆者の取材に答えて、最初は言論の自由という原則もあり中止運動に距離をおいていたが、出席していた反対派の留学生のアジア人が、いかに日本で差別にあっているかということを涙ながらに訴えているのを聞き考えを改めた、と語っている。在日アジア人=犯罪者という偏見やレッテルは、百田氏のみならず日本社会に蔓延しており、将来はエリートとして自分の国に戻るであろう外国人留学生に、このような傷を与えているわけなのだ。

あわせて読みたい

「百田尚樹」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    中国ダム決壊危機 世界的影響も

    郷原信郎

  2. 2

    GoToなぜ今か 政府は説明すべき

    青山まさゆき

  3. 3

    れいわ10万円配布案の効果に疑問

    猪野 亨

  4. 4

    松坂大輔が離脱へ 晩節汚すのか

    WEDGE Infinity

  5. 5

    発展に疲弊 シンガポールの若者

    後藤百合子

  6. 6

    感染拡大の裏に軽率さ 医師警鐘

    中村ゆきつぐ

  7. 7

    コロナ楽観予測報道はミスリード

    勝川 俊雄

  8. 8

    西村大臣 PCR陽性率は約5%に低下

    西村康稔

  9. 9

    河野大臣「朝日社説は誤解招く」

    河野太郎

  10. 10

    GoTo開始に国民は混乱「なぜ今」

    内藤忍

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。