記事

マクロン氏政党がドゴール氏以来の多数確保か、仏下院選世論調査

[パリ 6日 ロイター] - フランス国民議会(下院)選挙は、マクロン大統領の政党「共和国前進」の得票率が、ドゴール元大統領陣営が地すべり的勝利を収めた1968年以降で最大多数を確保する勢いだ。

イプソス/ソプラ・ステリアの投票意向調査で6日、判明した。

調査結果によると、11日の第1回投票は、共和国前進の得票率が29.5%、共和党・連携政党は23%、国民戦線(FN)は17%、急進左派「屈しないフランス」は12.5%、社会党は8.5%となった。

18日の第2回投票は、共和国前進が下院(577議席)中、385─415議席を獲得する情勢だ。

あわせて読みたい

「エマニュエル・マクロン」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    徴用工で対抗? 河野氏が「誤解」

    河野太郎

  2. 2

    れいわ 3議席以上獲得で政界再編

    田中龍作

  3. 3

    「TV局は株主」吉本の癒着を暴露

    BLOGOS編集部

  4. 4

    若者の投票では変わらぬ日本社会

    西村博之/ひろゆき

  5. 5

    ポピュリズム人気は好景気の兆候

    吉崎達彦(かんべえ)

  6. 6

    よしのり氏 山本太郎に投票した

    小林よしのり

  7. 7

    宮迫への無神経質問に非難が殺到

    女性自身

  8. 8

    男の愛撫は痛い SOD女性社員訴え

    AbemaTIMES

  9. 9

    韓国の日本大使館突入に抗議せよ

    tenten99

  10. 10

    よしのり氏 京アニ火災に虚しさ

    小林よしのり

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。