記事

マクロン氏政党がドゴール氏以来の多数確保か、仏下院選世論調査

[パリ 6日 ロイター] - フランス国民議会(下院)選挙は、マクロン大統領の政党「共和国前進」の得票率が、ドゴール元大統領陣営が地すべり的勝利を収めた1968年以降で最大多数を確保する勢いだ。

イプソス/ソプラ・ステリアの投票意向調査で6日、判明した。

調査結果によると、11日の第1回投票は、共和国前進の得票率が29.5%、共和党・連携政党は23%、国民戦線(FN)は17%、急進左派「屈しないフランス」は12.5%、社会党は8.5%となった。

18日の第2回投票は、共和国前進が下院(577議席)中、385─415議席を獲得する情勢だ。

あわせて読みたい

「エマニュエル・マクロン」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    判決を尊重 文大統領口滑ったか

    tenten99

  2. 2

    女性用風俗が急増 性意識に変化?

    AbemaTIMES

  3. 3

    橋下氏 批判覚悟で徴用工に持論

    AbemaTIMES

  4. 4

    ゴーン騒動が問う日本人の品格

    郷原信郎

  5. 5

    アパマン株価急落 爆発が影響か

    MAG2 NEWS

  6. 6

    児相反対は南青山住民のエゴか

    おときた駿(東京都議会議員/北区選出)

  7. 7

    徴用工は国際法対応を見直す契機

    篠田 英朗

  8. 8

    HUAWEI騒動はトランプ戦術の典型

    WEDGE Infinity

  9. 9

    英EU離脱でリーマン超える衝撃も

    緒方 林太郎

  10. 10

    福岡刺殺事件 Hagexが残した功績

    中川 淳一郎

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。