記事

児童ポルノ・リベンジポルノ9割以上削除、まずは相談を=SIA

[東京 6日 ロイター] - セーファーインターネット協会(SIA、会長:別所直哉ヤフー<4689.T>執行役員)は6日、2016年の「違法・有害情報対策の取り組み」を公表した。それによると、協会が削除依頼した「児童ポルノ」「リベンジポルノ」は9割以上が削除された。

協会は迷わないでまずは相談してほしいと呼び掛けている。

2016年に通報受領・パトロールで把握した違法・有害の疑いのある情報の総件数は約30万件だった。このうち、実際に違法・有害と判断した情報は4万9368件。もっとも多かったのが無修正動画などのわいせつ情報で58%、以下、児童ポルノが33%と続いた。リベンジポルノは2%だった。

違法・有害情報の掲載サイト所在地は国内が42%、海外が58%で、海外では米国が87%を占めた。

4万9368件のうち、実際に削除依頼を出したのは3万1222件だった。約1万8000件の差があるが、これは海外では違法ではないわいせつ情報の通報や削除依頼を準備している間に削除されたケースなどが含まれているため。

削除依頼3万1222件のうち、削除に応じたのは3万0281件で、削除率は97%にのぼった。児童ポルノは97%、リベンジポルノは91%だった。

協会の事務局長を務めるヤフーの吉川徳明氏は会見で「削除依頼さえ出せば、かなりの比率で削除できる。迷っている間に画像が拡散する例がある」として、まずは相談してほしいと呼び掛けた。

(志田義寧)

あわせて読みたい

「児童ポルノ禁止法」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「大規模会場予約 67% 空き」はお役所仕事の想像力欠如 ~ なぜ「高齢者」に拘り続けるのか

    近藤駿介

    06月14日 14:19

  2. 2

    オリジナルを常に超越してくる 愛すべきガーナの手描き映画ポスターの世界

    木下拓海

    06月14日 11:34

  3. 3

    「ディズニーランドのついでに予約」女性向け風俗の利用者が爆増しているワケ

    PRESIDENT Online

    06月14日 15:30

  4. 4

    東大・京大も志願者減で止まらぬ「国公立離れ」 その最大の要因は何か

    NEWSポストセブン

    06月14日 08:38

  5. 5

    LGBT、夫婦別姓…“憲法改正”は令和に必要か? 憲法学者「最高裁や国民がしっかりしないといけない」

    ABEMA TIMES

    06月14日 09:28

  6. 6

    歳を取ると「厄介な人」になりがちな理由

    内藤忍

    06月14日 10:57

  7. 7

    私がDHC吉田会長の在日コリアンに関する妄想は相手にしなくていいと思う理由

    宇佐美典也

    06月14日 12:00

  8. 8

    チュートリアル、友近…ギャラ100万円芸人がリストラ危機なワケ

    女性自身

    06月14日 12:27

  9. 9

    小池百合子「女帝」の最後の切り札 五輪中止に動くタイミングはあるのか? - 石井 妙子

    文春オンライン

    06月14日 08:32

  10. 10

    困っている人を見て見ぬふりはトラブル回避の自己防衛?親切が悲劇を招くことも

    諌山裕

    06月14日 12:55

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。