記事

【衆院決算委】宮崎議員の追及で加計学園理事長の政府専用機同乗が判明



 衆院決算行政監視委員会で5日、2014年度と2015年度等の決算審議が行われ、民進党の宮崎岳志議員が質問に立ち、加計学園獣医学部新設にかかわる安倍総理の関与などについて追及した。

 冒頭、加計学園問題でいわゆる「総理のご意向」とされる文書を「本物だ」などと証言した前川・前文部科学事務次官について、「うそつきだと思うか」と安倍総理の見解を求めた。その単純な問いに対して総理は、関係のない話を延々と続け、結局それに答えず、はぐらかしに終始した。

 かつて安倍総理が加計学園の役員に就いていたとされる事情に関連して、「その期間、仕事の内容、報酬の合計額」など、総理の加計学園への関係についてただした。総理は「20年以上前の話で、はっきり言えないが、監事をしていた。経営方針等を聞いて意見を言ったりし、報酬は1カ月で1万1千円くらいで、1年間で14万円だった」と述べ、加計学園への関与の実態を語った。

宮崎岳志議員

 続いて、安倍総理の外遊に際して加計学園の加計孝太郎理事長の同行、政府専用機への同乗といった事実があるかを確認した。それに対して安倍総理が答弁を回避したため、外務省職員が代わって「2013年5月の安倍総理のミャンマー訪問に同行した」「ミャンマーのヤンゴンとネピードーとの間に限り、政府専用機に同乗した」などと答弁し、加計学園に便宜を図っていたことが明らかになった。

 学園経営への関与、政府専用機への同乗をはじめ、加計学園との密接な関係が次々と明るみになってきたことを受け宮崎議員は、3月13日の参院予算委員会で安倍総理が「働きかけがあったら責任を取る」と発言したことについて「働きかけが証明されたらどんな責任を取るのか」と追及した。それに対して総理は「(責任の)中身についてはあえて申し上げる必要はない」と、かつての威勢のいい発言から一転して責任回避を企図する姿勢を転換した。

PDF「衆院決算行政監視委員会宮崎岳志議員配布資料」衆院決算行政監視委員会宮崎岳志議員配布資料

民進党広報局

あわせて読みたい

「安倍晋三」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    話題のSIMフリースマホ技適通過

    S-MAX

  2. 2

    災害で学ばぬ自治体の自衛隊任せ

    清谷信一

  3. 3

    日本より徹底 北の韓国無視戦術

    高英起

  4. 4

    未だに処理水批判する韓国の悲愴

    自由人

  5. 5

    君が代独唱 平原綾香に称賛の声

    女性自身

  6. 6

    一般人と対話拒否 前大臣の暴挙

    PRESIDENT Online

  7. 7

    山本太郎氏は知事選出馬をするな

    早川忠孝

  8. 8

    大人の3割に「愛着障害」の傾向

    幻冬舎plus

  9. 9

    大谷がヒザ手術 二刀流は無理か

    幻冬舎plus

  10. 10

    山本太郎氏を直撃 極左との関係

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。