記事

子ども手当財源地方負担問題

 赤字論争が、広まる一方で、藤井大蔵、、失礼!財務大臣は、「今年度の国際発行は50兆円を越さざるをえない」と軌道を書き始められました。

 早く枠を設定しない限り、予算の全体像が描けない、という財務省事務方のラインに沿ったものでしょう。新政権で、政務3役と官僚の関係が一番大人の関係なのが、財務省かな、そう見えます。

 自民党政権時代だけでなく、細川政権でも、歳出抑制、「ノーと言う役」は、大蔵省→財務省の主計局に丸投げされてきました。日本型議会制民主主義では、その役割分担は、ある程度合理性があったのでしょう。小泉政権では、経済財政諮問会議や、官邸の総理自身が、削減方針の枠をはめました。今度は、行政刷新会議なのか、国家戦略局なのか、あるいは、と思っていたら、やはり財務省でした。
 何かを変えた、というために、「複数年度予算導入」と言い始めているようですが、憲法を変えない範囲であれば、毎年の予算査定は、行われます。イギリスのようなやり方ですね。毎年、3年計画を作り直すので、かえって手間は増える。
 本来の目的であるところの、「必要もないのに、年度末に無理に予算を使い切るような無駄」をあらためるには、単に複数年の計画を作っただけではだめです。このお話の続きは、さつきの財政講義で、来月から、、。

 ところで、大阪の橋本知事が、ひさしぶりにほえましたが、子ども手当、官邸は、地方にも2,1兆円の一部を負担させたいご意向のようです。それもマニフェストにはなかったようにみえますが、批判が高まるやいなや、鳩山総理は、浜松で、「子ども手当は全額国で」と、演説して、官房長官のご発言を訂正されたようです。明日の藤井大臣の会見が楽しみですね。

記事をブログで読む

トピックス

ランキング

  1. 1

    いる? 宮崎謙介氏の報道に疑問も

    BLOGOS しらべる部

  2. 2

    朝日新聞170億円赤字 社長退任へ

    BLOGOS編集部

  3. 3

    中国に反論せず 茂木外相の失態

    WEDGE Infinity

  4. 4

    渋野騒動 日テレのスポーツ軽視

    WEDGE Infinity

  5. 5

    共産党の式欠席に「ありえない」

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  6. 6

    追えないだけ?電車内の集団感染

    諌山裕

  7. 7

    やきそば名物店 コロナで閉店へ

    田野幸伸

  8. 8

    竹中氏もMMT認めざるを得ないか

    自由人

  9. 9

    よしのり氏が秋篠宮さまを擁護

    小林よしのり

  10. 10

    勝ち組のJAL 明暗分けた財政戦略

    PRESIDENT Online

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。