記事

日米議員交流

 以前この通信でも紹介したことがある、ダニエル・イノウエ米国上院議員が来日して、木曜日にお会いした。 これは「日本・米国議員会議」という公式の協議機関の米国側代表がイノウエ上院議員で、日本側の代表が私なので、来日を機に懇談をさせてもらった。イノウエ議員は1924年生まれの85才。 ハワイ州選出の上院議員だ。 これまで、8期連続当選しており、日系唯一の上院議員であり米国民主党の重鎮の一人だ。

 第二次世界大戦に日系二世部隊の一員として欧州戦線で戦い、右腕を失っている。 もともと日系二世でご尊父は福岡県出身。 現在もバリバリの現役として、上院歳出委員長、国防小委員長のポストにある。 今回は、アメリカ空軍の飛行機で沖縄に立ち寄り、そのあと東京に滞在した。

 実は戦後の日米関係はこのイノウエ上院議員に寄るところが本当に大きい。 日米間で貿易摩擦など、さまざまな懸案が政治問題化したときに、ワシントンにおいて、日本側の立場を何度となく代弁してくれたのがイノウエ議員である。ご存知のとおり、今も普天間問題で日米関係はギクシャクしている。こうした中でも、昨年の秋以降、アメリカ政府やワシントンの対日政策の関係者に対して 政権交代した事実をアメリカ側も重く受け止めて、鳩山民主党政権に対して柔軟に対応するよう事あるごとに発言してくれている。

 今回、年明け早々にクリントン長官と岡田外相がハワイで日米外相会談を行い、これまでのギスギスした感じではなく、状況を前向きにとらえて、知恵を出し合おうという気運が生まれたことは、実に有意義だった。加えてイノウエ議員の来日もタイミングとしては良かった。議会レベルでは、今まで以上の関係強化をお互い確認し、政府間では対応しきれないところを議員外交でしっかりと埋めていくことにした。 何か日米関係の好転の兆しになればと私は思っている。

 今年は日本安保50周年の記念すべき年だ。 両国にはさまざまな懸案はあるが、お互い欠くことの出来ないパートナーであり、その関係は軍事部門だけでなく広範に及ぶ。 両国の国会議員でこれまでに培った関係をさらに発展させていく為に私もその一員として尽力できればと思っている。

記事をブログで読む

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「スゴイ日本!」ばかりのテレビ五輪放送。在留外国人は東京五輪を楽しめるか

    Dr-Seton

    08月05日 08:29

  2. 2

    淀川長治さんが『キネマの神様』を絶賛?CMに「冒涜」と映画ファン激怒

    女性自身

    08月05日 09:07

  3. 3

    環境省がエアコンのサブスクを検討 背景に熱中症死亡者の8割超える高齢者

    BLOGOS しらべる部

    08月04日 18:05

  4. 4

    中等症めぐり政府の揚げ足を取る毎日新聞 いい加減な記事を出すのは許されるのか

    中村ゆきつぐ

    08月04日 08:26

  5. 5

    中等症入院不可…専門家の意見を聞いていなかったとは

    大串博志

    08月05日 08:22

  6. 6

    強行放送!緊急事態宣言下の24時間テレビは「ジャニーズ祭り」

    渡邉裕二

    08月04日 08:04

  7. 7

    患者対応をめぐる行政と開業医の役割分担 国会議員がルール化する必要性を橋下氏指摘

    橋下徹

    08月04日 12:14

  8. 8

    ベラルーシ選手はなぜ政治亡命したのか ルカシェンコ政権の迫害ぶりを示した東京大会

    WEDGE Infinity

    08月05日 09:18

  9. 9

    テレビ放映権中心に回り夏開催される五輪 舛添氏が改革案を公開

    舛添要一

    08月05日 08:33

  10. 10

    ワクチン完全接種5割の8月末まで好転無しか

    団藤保晴

    08月05日 09:02

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。