記事

日米議員交流

 以前この通信でも紹介したことがある、ダニエル・イノウエ米国上院議員が来日して、木曜日にお会いした。 これは「日本・米国議員会議」という公式の協議機関の米国側代表がイノウエ上院議員で、日本側の代表が私なので、来日を機に懇談をさせてもらった。イノウエ議員は1924年生まれの85才。 ハワイ州選出の上院議員だ。 これまで、8期連続当選しており、日系唯一の上院議員であり米国民主党の重鎮の一人だ。

 第二次世界大戦に日系二世部隊の一員として欧州戦線で戦い、右腕を失っている。 もともと日系二世でご尊父は福岡県出身。 現在もバリバリの現役として、上院歳出委員長、国防小委員長のポストにある。 今回は、アメリカ空軍の飛行機で沖縄に立ち寄り、そのあと東京に滞在した。

 実は戦後の日米関係はこのイノウエ上院議員に寄るところが本当に大きい。 日米間で貿易摩擦など、さまざまな懸案が政治問題化したときに、ワシントンにおいて、日本側の立場を何度となく代弁してくれたのがイノウエ議員である。ご存知のとおり、今も普天間問題で日米関係はギクシャクしている。こうした中でも、昨年の秋以降、アメリカ政府やワシントンの対日政策の関係者に対して 政権交代した事実をアメリカ側も重く受け止めて、鳩山民主党政権に対して柔軟に対応するよう事あるごとに発言してくれている。

 今回、年明け早々にクリントン長官と岡田外相がハワイで日米外相会談を行い、これまでのギスギスした感じではなく、状況を前向きにとらえて、知恵を出し合おうという気運が生まれたことは、実に有意義だった。加えてイノウエ議員の来日もタイミングとしては良かった。議会レベルでは、今まで以上の関係強化をお互い確認し、政府間では対応しきれないところを議員外交でしっかりと埋めていくことにした。 何か日米関係の好転の兆しになればと私は思っている。

 今年は日本安保50周年の記念すべき年だ。 両国にはさまざまな懸案はあるが、お互い欠くことの出来ないパートナーであり、その関係は軍事部門だけでなく広範に及ぶ。 両国の国会議員でこれまでに培った関係をさらに発展させていく為に私もその一員として尽力できればと思っている。

記事をブログで読む

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「自民党は嫌いでも、投票するのは自民党」立憲民主党が自民党に勝てない最大の理由

    御田寺圭

    09月23日 08:07

  2. 2

    45歳定年なんてホントに実現するの?と思ったときに読む話

    城繁幸

    09月23日 16:12

  3. 3

    43歳、年収600万円で「結婚できないのが辛い…」と会社を辞めた男性に励ましの声

    キャリコネニュース

    09月23日 12:17

  4. 4

    NHK党・立花孝志氏 へずまりゅう擁立も「二度と信頼しない」と支持者が続々離脱

    女性自身

    09月23日 10:32

  5. 5

    専門家の感染者数予想はなぜ実数とかけ離れてしまうのか

    中村ゆきつぐ

    09月23日 10:26

  6. 6

    新型は納車2年待ちの「ランドクルーザー」 なぜ世界中で高い信頼を得られたのか

    NEWSポストセブン

    09月23日 13:25

  7. 7

    オウンゴールで支持率下げた菅政権 野党は絶好のチャンスを活かせ

    毒蝮三太夫

    09月24日 08:05

  8. 8

    河野氏は論戦巧者 他の候補者3人がほぼ無防備な年金問題に手を付けたのは上手い

    ヒロ

    09月23日 10:39

  9. 9

    河野太郎氏 自民党の身内にも…強気な“回答拒否グセ”に「誠意ない」と高まる不信感

    女性自身

    09月23日 20:28

  10. 10

    「レジ袋の有料化」と「レジ袋の減少化」が生んだ本末転倒な事態

    自由人

    09月22日 22:07

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。