記事

「 奮闘努力せよ 」

 激動の一年が終わろうとしている。 たぶん、私の生涯にとっても、また日本の政治史にとっても歴史に残る一年になったのだと思う。
この一年を渦中の人間として経験できたのは幸福なことであった。

 それにしてもジェットコースターに乗っているような一年だった。1月5日の国会開幕という異例のスタート。 国会での激闘の最中に起きた西松事件。
麻生内閣の支持率も下げ止まり、3月から4月にかけて、攻守入れ替わった状況となる。 今にして思えば、自民党にとってこの時機が最高のチャンスだった。

 しかし、麻生首相はバットを振らず好球を見逃す。 そして5月、小沢代表の辞任のあとの民主党代表選挙。 結果的には鳩山氏が代表に就任し、岡田氏は幹事長、小沢氏は代表代行になり反撃体制を整えた。 局面は一気に打開され、民主党の支持率は上がり、その勢いを保ったまま7月を迎えた。

 そして都議会議員選挙。 民主圧勝で、史上初の都議会第一党に躍り出た。一方自民党は麻生首相の責任論が噴出して政局になる。 この状況を無視するかのように強気の解散宣言。 私は、自民党が一気に総崩れになるのを国会対策の最前線で見ることになった。 かくして衆議院は解散された。

 命運をかけた総選挙は、8月30日。 私はこれまで2年間、国会対策委員長
代理だったので、すべての代議士会に出席した。 その中でも解散日の代議士会は忘れられない。 民主党の同僚議員の一人一人の顔が気力に充ちあふれ、代議士会の会場の控室は何とも言えない緊張感がみなぎっていた。 全員が政権をってやると心の中で叫んでいるのが手に取るようにわかった。このとき、民主党の一体感は最高潮に達していたのだと思う。 不謹慎な例えになるかもしれないが、たぶんバルチェク艦隊を発見して出撃するときの日本海軍や真珠湾攻撃に出撃する連合艦隊もこんな雰囲気だったのではないかと連想してしまった。

 そして、8月30日の300議席超えの圧勝。 9月、鳩山内閣が誕生し、政権交代は実現した。

 それから100日。 この100日は長かった。 まさに試行錯誤の日々であった。

皆が、それぞれの立場で苦悩する日々であった。 支持率50%。 今、日々の厳しい生活にさらされている多くの国民の目が、民主党に向けられている。 そして、日本の大改革の必要性を痛感している良識的な人々は、一日も早くこの内閣に結果を出すよう求めている。 民主党は新しい年に向かって、初心を思い起こしながら、この現実の中で、何とか国民の信頼を得るべく来年はマストにZ旗を掲げて、日々「奮闘努力」せねばならない。 東郷元師の言葉を今年の締めに使わせていただく。

記事をブログで読む

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「自民党は嫌いでも、投票するのは自民党」立憲民主党が自民党に勝てない最大の理由

    御田寺圭

    09月23日 08:07

  2. 2

    「レジ袋の有料化」と「レジ袋の減少化」が生んだ本末転倒な事態

    自由人

    09月22日 22:07

  3. 3

    河野氏は論戦巧者 他の候補者3人がほぼ無防備な年金問題に手を付けたのは上手い

    ヒロ

    09月23日 10:39

  4. 4

    NHK党・立花孝志氏 へずまりゅう擁立も「二度と信頼しない」と支持者が続々離脱

    女性自身

    09月23日 10:32

  5. 5

    専門家の感染者数予想はなぜ実数とかけ離れてしまうのか

    中村ゆきつぐ

    09月23日 10:26

  6. 6

    45歳定年なんてホントに実現するの?と思ったときに読む話

    城繁幸

    09月23日 16:12

  7. 7

    43歳、年収600万円で「結婚できないのが辛い…」と会社を辞めた男性に励ましの声

    キャリコネニュース

    09月23日 12:17

  8. 8

    新型は納車2年待ちの「ランドクルーザー」 なぜ世界中で高い信頼を得られたのか

    NEWSポストセブン

    09月23日 13:25

  9. 9

    菅さんの水面下での仕事の成果が今になって出て来たようだ

    早川忠孝

    09月22日 15:52

  10. 10

    横浜市長就任後も疑惑について説明しない山中竹春氏 ウソと恫喝の追及は続く

    郷原信郎

    09月22日 10:56

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。