記事

ここまで変わるか?!都政改革本部によって、情報公開等が劇的に進展した件

こんばんは、都議会議員(北区選出)のおときた駿です。

都政では、一般人や民間企業の感覚では「当たり前」にすぎないことが行われてこなかったので、改革が進んだと報告しても

「え、そんなこともやってなかったの?!」

と驚かれることが非常に多いです…。

そして「当たり前」すぎて地味なためか、大きくメディアには取り上げられていないのですが、5月30日に行われた都政改革本部の会議で、主に情報公開を中心としたこれまでの成果が報告されました。

都政改革本部の顧問、上山先生のツイートを元にいくつか紹介していきたいと思います。

もっとも大きいのはこれですね。有識者などで行われ、政策決定に大きな影響力をもつ「審議会」。都政には300以上が存在しますが、そのほとんどが「実質非公開」で行われていたりするなど、極めて閉鎖的な状態が続いてきました。

参考:行政の縦割り爆発で、東京都の情報公開がまったく進んでいない件 (2015年10月)
http://otokitashun.com/blog/daily/9273/

※実質非公開
ステイタス上は公開、または一部公開となっているが、日時などが告知されていないため、傍聴人やメディアが見ることができなかった状態のこと

これらのあり方が大きく見直され、個人情報などの関係でやむなく非公開となる審議会も含めて、すべての議事概要が公開されることが決定されました。

画像を見る
画像を見る

皆さまの税金で運用され、意思決定を大きく左右するにもかかわらず、ブラックボックスに閉ざされていた部分が大きかった審議会。ようやく「当たり前」の「あるべき姿」にすることができました。

その他にも、情報公開の手数料が無料になったり、

都が支出するすべての補助金の情報公開も徹底されることになりました。

「情報公開」は私がもっとも力を入れて、当選当初から主張してきた主要ポリシーの一つでした。

これまでテコでも動かなかったものが、任期の終盤になってこのように次々と変わっていく姿を見られることは、非常に感慨深いものがあります。

その他にも、こちらも私が従前から指摘している都の見づらい&高いホームページの見直しや、

画像を見る

外郭団体改革や、公文書管理制度など、山積みとなっている課題にも着々と手がつけられています。

これらはすべて、都知事が変わらなければ実現しなかった改革の数々だと断言できます。

こうした改革をさらに前にすすめるために、今度の都議会議員選挙では、議会もまた変わっていかなければなりません。

様々な批判もありますが、やってきたこと・やるべきことをしっかりと多くの都民の皆さまにお伝えし、きたる都議選で公正な審判が受けられるように活動していく所存です。

それでは、また明日。


ここまで書くか!?
誰も語れなかった「不都合な真実」を、
現役議員が赤裸々に明かす。

「東京都の闇を暴く」

Amazonで購入する



おときた駿 プロフィール
東京都議会議員(北区選出)/北区出身 33歳
1983年生まれ。早稲田大学政治経済学部を卒業後、LVMHモエヘネシー・ルイヴィトングループで7年間のビジネス経験を経て、現在東京都議会議員一期目。ネットを中心に積極的な情報発信を行い、日本初のブロガー議員として活動中。
著書に「ギャル男でもわかる政治の話(ディスカヴァー・トゥエンティワン)」、「東京都の闇を暴く(新潮社)

あわせて読みたい

「情報公開」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ブラタモリに失望 忘れられた志

    メディアゴン

  2. 2

    官邸前ハンスト 警官と押し問答

    田中龍作

  3. 3

    立民議員の官僚叩きに批判が殺到

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  4. 4

    任命拒否 学者6名に無礼な菅首相

    メディアゴン

  5. 5

    飲み会の2次会 死語になる可能性

    内藤忍

  6. 6

    日当7万円 公務員と比較したのか

    橋下徹

  7. 7

    マイナンバーカードが2ヶ月待ち?

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  8. 8

    元民主・細野氏らデマ拡散へ揶揄

    文春オンライン

  9. 9

    上野千鶴子氏 任命拒否に危機感

    女性自身

  10. 10

    机叩き…橋下氏語る菅首相の会食

    ABEMA TIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。