記事

「渡仏15年」辻仁成が東京に戻らない理由

1/2

パリに暮らし、精力的に創作活動を続ける辻仁成氏。最近は料理上手なシングルファーザーとしての顔も注目されている。渡仏15年、彼はなぜパリで暮らし続けるのか。シングルファーザーになって仕事のやり方はどう変わったのか。「仕事・子育て・パリの暮らし」について聞いた。

画像を見る

作家、ミュージシャン、映画監督といくつもの顔を持つ辻仁成さん。近年は、パリで一人息子を育てながら精力的な創作活動を続けている。そんな辻さんの9作目となる映画監督作『TOKYOデシベル』が公開中だ。原作は、『音の地図』という小説で、1996年には三島由紀夫賞の候補にもなった。映画では、東京中の音を集音し、解析して“東京の音の地図”を作る大学教授と、その恋人、謎の女、一人娘をめぐる不協和音を、多面的に東京をとらえた美しい映像を背景に描く。

映画の公開にあわせて日本に戻った辻さんは、原作小説を執筆した当時のことをこう振り返る。「バンドを始めた20代の頃、深夜にボーッと窓を開けていたら、波の音が聞こえたんです。『あれ、海なんかあったっけ……』と窓の外を見たら、遠くに高速道路があって。深夜、車が1台サーッと走ると、波みたいに聞こえるんですよ……」。

パリに拠点を移して15年。海外生活を経て、今の辻さんの目に映る東京の姿はどう変わったのだろうか。映画について、パリでの生活について、子育てと仕事の両立について、ざっくばらんに語ってくれた。

■若い頃「カッコいい」と思った東京と、今僕が見る東京は違う

――小説として世に出てから約20年。今、なぜ『TOKYOデシベル』の映画化だったのでしょうか?

リンク先を見る

写真を拡大
『TOKYOデシベル』ユナイテッド・シネマ豊洲ほかにて公開中 http://tokyodecibels.com/(C)「TOKYO DECIBELS」製作委員会

【辻】2011年の東日本大震災のとき、停電で東京が真っ暗になりましたよね。すごい事態になったなと思いながら、昔のようにホテルで東京の音を聞いたんです。『音の地図』を思い出して、「これ、今撮らなきゃダメだな」と思ったんですよ。

もう15年パリに暮らしています。だから、日本に帰ってくるたびに異邦人みたいな感覚になっていて……。25年くらい前の、函館から出てきた辻青年が見て「カッコいい」と思った東京と、今パリから帰ってきて僕が見る東京は違うんですよ。

パリに住んでいると、フランス人の友人たちが「東京はカッコいい!」って言うんですよ。僕は「どこがいいの? あんなごちゃごちゃした街?」と思うんだけど(笑)。新宿・歌舞伎町のごちゃごちゃした感じなんかを、みんな「すごくカッコいい」って言う。でもこの感覚が、だんだんわかるようになってきたんですよね。きっと日本人が気づかない、東京人が知らない東京みたいなものがあって、それを撮りたかった。だから最初、『東京デシベル』は“外国の人に向けた東京マップ”みたいな映画になるのかなと思ったんです。でもできてみると、「日本人に向けた、東京を新しく発見する映画」になったんじゃないかなって思います。

■パリに移住した理由

――そもそも15年前、なぜパリに移られたのでしょうか? 外国人のお友達が東京をカッコいいと感じるように、何かパリに対する憧憬のようなものが辻さんの中にあったのでしょうか。

【辻】日本では、今でこそ小説を書くミュージシャンがいたり、映画監督がいたりするけど、昔は皆さんひとつのことしかやっていなかったので、いろいろやっていた僕はすごく批判も受けたんです。でもフランスには、イラストレーターで、脚本家で、劇作家で、小説家で、映画監督だったジャン・コクトーがいたり、ボリス・ヴィアンがいたり、セルジュ・ゲンズブールがいたり……自然にマルチな人たちがいたんですよね。

こうしたすごい先輩たちと自分を比べるつもりはないけど、いろんなことをやっても許される文化がフランスにはあるんだなと思って、「行ってみたい。自分にとって居心地のいい場所かもしれない」と考えたんです。これは大きな間違いだったと、あとでわかったんですけどね。当時はやっぱり、彼らも叩かれていたんですよ。でも僕は、ちょうどフランスのフェミナ賞(※)を受賞したタイミングだったこともあり、フランスに行けば何かわかるのかなと思ったんです。

※フェミナ賞:フランスの権威ある文学賞。辻さんは1999年、『白仏』の仏語翻訳版で同賞の外国小説賞を 日本人として初めて受賞した。

――では、当時はこんなに長くパリにいらっしゃるとは思っていなかった?

【辻】そうですね。ご存じのように、今はシングルファーザーになっちゃったので、中学生の息子が大学を出るまでは日本に移れないんですよ。それは、彼は日本語ができないから。会話はできるけど、漢字や文法が小学校2年生ぐらいのレベルなので、まずフランス語で基礎的な学力をちゃんとつけないといけない。

あくまでも僕の個人的な感想ですが、何カ国語も話す子供たちが抱える問題というのか、複数言語での思考はやや問題があるようです。まず1つの言語に基軸が置くことが大事だと周囲のバイリンガルな方々が教えてくれました。今から息子の基軸の言語を日本語に戻すこともできるけれど、親の勝手を押しつけるわけにもいかないですから。だから、フランスで大学まできちんと出て、それから日本語を勉強すればいいんじゃないかなと思っています。

あわせて読みたい

「パリ同時多発テロ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ナイキ多様性広告 日本で大反発

    BBCニュース

  2. 2

    PUFFY亜美を選んだTERUの離婚劇

    文春オンライン

  3. 3

    「鬼滅の刃」米で成功の可能性は

    田近昌也

  4. 4

    「小泉さんの仕事」橋下氏が指摘

    橋下徹

  5. 5

    宗男氏 礼儀ない野党議員を非難

    鈴木宗男

  6. 6

    秋篠宮さま誕生日に職員2名辞職

    文春オンライン

  7. 7

    扇動行為ない周庭氏を封じた中国

    新潮社フォーサイト

  8. 8

    吉村知事の苦言に「ブーメラン」

    女性自身

  9. 9

    マスク勧めない国 感染増の現在

    文春オンライン

  10. 10

    流行語とヒット商品「やっぱり」

    ヒロ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。