記事

政治主導の官僚人事

 今朝の読売新聞ネット記事では、鳩山内閣で主要官僚の急な退任が相次いでいると報じている。

〔記事抜粋〕
・総務省の鈴木次官は原口総務相に勇退申し出。後任に岡本総務審議官。鈴木氏は昨年7月就任、次官が1年足らずで交代するのは異例。
・総務相は「地域主権改革」に意欲、旧郵政省出身の鈴木氏から旧自治省出身の岡本氏への交代を促す圧力。鈴木氏について「課長から結果を知らされるような状態に嫌気がさした」(総務省関係者)。
・仙谷行刷相は立花国家公務員制度改革推進本部事務局長を退任させた。後任は大島副大臣。仙谷氏は「前政権下の体制は、私どもが考える基本理念と同じかどうか分からない」。
・前原国交相が旧運輸省出身の本保観光庁長官を退任させ、旧自治省出身でJリーグサッカーチーム運営会社元社長の溝畑氏を新長官に充てる人事。
・霞が関は「最初は様子を見ていたが、そろそろ本格的に人事に手を突っ込み始めた」と警戒。

 ↓

 本来なら政権発足直後に実施しなければならなかったという話。今頃になって政治主導の人事だと報じても、経済・財政・金融・社会保障など主要政策担当の幹部人事に対する回答にはさっぱりなっていない。

 政治主導・脱官僚の肝は官庁幹部人事にあるはずだが、現政権でもそれは見られない。官僚人事は政治家にとって当面、鬼門なのだろう。旧政権からの官庁幹部人事が現政権運営にとって支障になっているとは、今となっては思えない。

 今年度2次補正予算案、来年度当初予算案など重要政策案を一緒に企画立案した仲である。両予算案は政治主導なのか官僚主導なのかは、霞ヶ関外部からは判らない。国民が評価すれば、どちらでも構わない。

 恫喝よりも懐柔の方が得策のはず。後でやられかねない。

記事をブログで読む

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    官僚も経済界も「河野太郎首相だけは勘弁してくれ」と口を揃えるワケ

    PRESIDENT Online

    09月25日 14:37

  2. 2

    自民党総裁選をめぐる様々な立場からのネット番組 極端な内容に苦言

    石破茂

    09月25日 16:07

  3. 3

    レポート2枚? 立憲民主党の「アベノミクス検証」は単なる批判文書

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    09月25日 09:01

  4. 4

    3時間のランチのために6時間かけて出かける理由

    内藤忍

    09月25日 11:26

  5. 5

    バブルは必ずはじける 中国不動産業者の破綻にみる危うさ 日本でも不労所得に高額課税を実現しよう

    猪野 亨

    09月25日 12:02

  6. 6

    韓国で出版された「慰安婦被害者はいない」とする著作

    諌山裕

    09月25日 09:34

  7. 7

    自民党総裁選の候補者討論 報ステとWBSの仕切りの差異は興味深かった

    NEWSポストセブン

    09月25日 18:24

  8. 8

    「自分だけのキャンプ場を持ちたい」コロナ禍で増える“山”購入 副業ビジネスに活用も

    ABEMA TIMES

    09月25日 15:53

  9. 9

    河野太郎氏が言及した原発問題「パンドラの箱」 核燃料サイクル事業が止められない事情

    宇佐美典也

    09月25日 12:14

  10. 10

    今の自民党でキングメーカーになり得るのは、安倍さんでも森さんでもない

    早川忠孝

    09月25日 16:46

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。