記事

シリア内戦、化学兵器使用なら仏は報復の用意=マクロン大統領

[ベルサイユ(フランス) 29日 ロイター] - フランスのマクロン大統領は29日、ロシアのプーチン大統領との会談後の共同記者会見で、シリア内戦において、化学兵器の使用がフランス政府にとっての「レッドライン(越えてはならない一線)」であり、それを越えた場合は報復する方針を示した。

マクロン大統領は「化学兵器が使用された場合、フランスは即座に報復と対抗措置を講じる」と述べた。

大統領はまた、フランスとロシアはシリアにおける「テロリスト集団の根絶」に向けて協力すべきだと発言。シリア内戦でロシアがアサド政権側を支持している点を直接批判することはなかった。フランスなど欧米諸国は反政府勢力を支持している。

マクロン大統領は内戦終結に向け、アサド政権の代表を含めたすべての当事者と協議することが重要だとの考えを示した。

また、両国がシリアに関する情報共有を強化し、政治的な解決策を見出すために協力することを望むと述べた。ただ、解決策の詳細には触れなかった。

一方、プーチン大統領は、フランスはシリア内戦で米国が主導する有志連合に参加しているため、フランスの対シリア政策が単独のものかどうか不明だと発言。シリア問題を巡り両国間で合意できない部分もあったことを明らかにした。

プーチン大統領は、テロとの戦いを最優先することでマクロン大統領と一致したが、自身はシリアに対する見解を変えておらず、そのことをマクロン氏に伝えたと述べた。

トランプ米大統領は4月、アサド政権が化学兵器を使用した報復措置として政府軍基地へのミサイル攻撃を指示しており、マクロン大統領は今回、トランプ大統領と同じ「レッドライン」を示した格好だ。

あわせて読みたい

「エマニュエル・マクロン」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    判決を尊重 文大統領口滑ったか

    tenten99

  2. 2

    女性用風俗が急増 性意識に変化?

    AbemaTIMES

  3. 3

    橋下氏 批判覚悟で徴用工に持論

    AbemaTIMES

  4. 4

    ゴーン騒動が問う日本人の品格

    郷原信郎

  5. 5

    アパマン株価急落 爆発が影響か

    MAG2 NEWS

  6. 6

    児相反対は南青山住民のエゴか

    おときた駿(東京都議会議員/北区選出)

  7. 7

    徴用工は国際法対応を見直す契機

    篠田 英朗

  8. 8

    HUAWEI騒動はトランプ戦術の典型

    WEDGE Infinity

  9. 9

    英EU離脱でリーマン超える衝撃も

    緒方 林太郎

  10. 10

    福岡刺殺事件 Hagexが残した功績

    中川 淳一郎

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。