記事

ドローン配送を20年代に本格化、IR推進も=成長戦略で政府筋

[東京 29日 ロイター] - 政府の成長戦略「日本再興戦略」の全容がわかった。人工知能(AI)やロボット技術を活用して「Society(ソサイエティ)5.0」を実現すると明記。2020年代に小型無人機ドローンでの荷物配送を本格化させる具体策も示す。カジノを含む統合型リゾート(IR)の整備促進策も新たに盛り込み、経済財政運営の指針(骨太方針)と併せ、6月9日に閣議決定する。

複数の政府筋が明らかにした。今回の成長戦略は、1)健康寿命の延伸、2)移動革命の実現、3)サプライチェーンの次世代化、4)快適なインフラ・街づくり、5)フィンテック――が柱。生産性の伸び悩みや新たな需要が創出できていない現状を踏まえ、戦略5分野に政策資源を投じる。

健康寿命の延伸では、団塊世代が75歳を迎える2025年を想定し、ビッグデータやAIを使って健康管理や診療、自立支援に軸足を置いた介護を促す。

ドローンや自動走行を組み合わせた「移動革命」にも乗り出す。成長戦略案では、都市でのドローン活用に加え、高速道路でのトラック隊列走行を早ければ2022年に商業化すると明記。技術革新を実証する機会を確保するため、規制の「サンドボックス」を創出することも明記する方針だ。

最新のIT技術を活用したフィンテックの普及では、連携する企業が銀行システムに接続可能となる対象先を2020年6月までに「80行以上」とする方針を打ち出す。

一方、日本型IRの整備推進に向けた制度設計について「今夏の大枠取りまとめを目指す」ことも成長戦略に盛り込んだ。

(山口貴也 編集:田巻一彦)

あわせて読みたい

「人工知能」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    習近平氏が進める「共同富裕」政策 恒大集団の救済に足踏みか

    飯田香織

    09月24日 08:40

  2. 2

    「自民党は嫌いでも、投票するのは自民党」立憲民主党が自民党に勝てない最大の理由

    御田寺圭

    09月23日 08:07

  3. 3

    視聴者が選ぶ最新版「嫌いな芸能人」コロナの影響か新顔多く並ぶ

    SmartFLASH

    09月24日 09:09

  4. 4

    「日本の小売業者は宝の持ち腐れ」アマゾンにあって楽天にない"決定的な違い"

    PRESIDENT Online

    09月24日 12:03

  5. 5

    オウンゴールで支持率下げた菅政権 野党は絶好のチャンスを活かせ

    毒蝮三太夫

    09月24日 08:05

  6. 6

    与党・公明党が選挙直前に「10万円給付」を大々的に発表 与党ならすぐに実行せよ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    09月24日 08:37

  7. 7

    45歳定年なんてホントに実現するの?と思ったときに読む話

    城繁幸

    09月23日 16:12

  8. 8

    43歳、年収600万円で「結婚できないのが辛い…」と会社を辞めた男性に励ましの声

    キャリコネニュース

    09月23日 12:17

  9. 9

    中国がTPPに加入申請 対応を誤ればTPPそのものが瓦解するリスク

    ヒロ

    09月24日 11:22

  10. 10

    中国恒大、23日の利払い実行困難に 米時間で期限迫るも説明なし

    ロイター

    09月24日 10:28

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。